WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の機能詳細│さくらインターネット

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、従来のファイアウォールやIDS、IPSでは防御できなかった攻撃を検知し、ブロックする機能です。さくらインターネットのレンタルサーバサービスでは、国内初のシグネチャ型 WAF「SiteGuard(サイトガード)」を導入。攻撃検知のための定義ファイルを用意しているため、面倒な設定なくWAFが利用できます。

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール):イメージ

特長

ウェブサイトへの攻撃をブロック

ウェブサイトを対象にしたクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションなどの攻撃を、WAFが高確率でブロック、安全なサイト運営を手助けします。

カンタン操作ですぐに利用可能

WAFを利用するためには、コントロールパネル上から機能を設定するだけのカンタン操作。すぐにウェブアプリケーションに対する攻撃検知を開始できます。定義ファイル(シグネチャ)は自動更新され、最新の攻撃パターンに即座に対応します。

対象プラン

ご利用にあたって

このサービスは、対象プランで利用できる標準機能です。

利用方法について詳しくはサポートサイトのオンラインマニュアル「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の設定」ページをご覧ください。

サポートサイト WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の設定

監視対象について
監視対象となるプロトコルは、HTTPとHTTPS(共有SSL、SNI SSLが対象。ただしCookieの引き継ぎは不可)です。
なお、独自SSLを設定したドメインへのHTTPSリクエストについては対象外となります。

ページの先頭へ