• サービスサイト>
  • プレスリリース>
  • さくらインターネット、バックボーンネットワークを203Gbpsに増強 国内のデータセンター事業者では初めて回線容量200ギガを突破

プレスリリース│さくらインターネット


プレスリリース

PDF版ダウンロード(171KB)

報道関係各位

2009年12月11日
さくらインターネット株式会社

さくらインターネット、バックボーンネットワークを203Gbpsに増強
国内のデータセンター事業者では初めて回線容量200ギガを突破

国内最大級のバックボーンネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、2009年12月11日、インターネットデータセンターを支える基幹ネットワークであるバックボーンネットワークの回線容量を、193Gbpsから203Gbpsに増強いたしましたのでお知らせいたします。

当社は、本町、堂島(いずれも大阪市)、池袋、東新宿、西新宿、代官山(いずれも東京都)の6データセンターにおいて、専用・共用ホスティングおよびハウジングサービスを提供しております。この度、東京大手町NOCのプライベートピアリングを10Gbps増強し、コンテンツ配信能力の強化を図りました。

当社は、コンテンツ配信能力に優れたデータセンターとして、日本最大のバックボーンネットワークを構築・運用しております。2003年2月に7.7Gbpsだった回線容量は、約6年で26.4倍の203Gbpsとなり、コンテンツのリッチ化に伴う国内のダウンロードトラフィックの伸びと相まって増強してまいりました。今年10月のインプレスビジネスメディア社の調査によると、インターネットデータセンター回線総量ランキングで当社は183Gbpsと第1位(※1)となっており、この度の増強で国内のデータセンター事業者としては、回線の総容量が初めて200ギガを突破いたしました。

今年4月、9月、11月のバックボーンネットワーク増強に続き、更に10Gbps増強しコンテンツ配信能力を強化いたしました。この度の増強は、12月10日より提供を開始した新サービス「さくらのマネージドサーバ」など、堅調なホスティングサービスの需要を勘案した設備増強に伴うものです。当社は、今後も継続してバックボーンネットワークの強化とホスティングサービスの拡充に取り組み、お客様にご満足いただける高品質でコストパフォーマンスに優れたサービスの提供を目指してまいります。

イメージ:さくらインターネット バックボーンネットワーク容量の推移

さくらインターネット バックボーンネットワーク容量の推移

尚、さくらインターネットのバックボーンネットワークの詳細つきましては、以下のウェブページをご覧ください。

http://www.sakura.ad.jp/backbone/

※1 インプレスビジネスメディア「インターネットデータセンター完全ガイド2009年秋号」(2009年10月1日発行)

以上

■さくらインターネット株式会社について
さくらインターネットは、国内最大級の大容量・高速バックボーンと自社運営のデータセンターを所有するインターネットサービス事業者です。高品質かつコストパフォーマンスの高いレンタルサーバなどのホスティングサービスや、サーバを預かりインターネット回線へ接続するハウジングサービスを提供。優れたトラフィック配信能力からブログやSNS、動画共有サイトなどアクセスの多い人気コンテンツ事業者から多くの支持を受けています。

■会社概要
本 社:大阪市中央区南本町1丁目8番14号
設 立:1999年8月17日
資本金:8億9530万円
売上高:71億679万円(平成21年3月期)
従業員:168名

■この報道資料の問い合わせ先
さくらインターネット株式会社 企画部 広報宣伝チーム
支 社:東京都新宿区西新宿2-7-1 新宿第一生命ビルディング 6F
TEL:03-5339-9653 FAX:03-5339-9654
E-mail:press-ml@sakura.ad.jp URL:http://www.sakura.ad.jp

■一般のお客様の問い合わせ先
さくらインターネット カスタマーセンター
TEL:0120-775664
E-mail:support@sakura.ad.jp

会員向けメニュー

ログイン

  • サービスサイト>
  • プレスリリース>
  • さくらインターネット、バックボーンネットワークを203Gbpsに増強 国内のデータセンター事業者では初めて回線容量200ギガを突破
ページの先頭へ