s

プレスリリース│さくらインターネット


プレスリリース

PDF版ダウンロード

報道関係各位

2012年12月5日
さくらインターネット株式会社
(東証マザーズ:3778)

さくらインターネット、仮想専用サーバ「さくらのVPS」のSSDプランを提供開始
~従来プラン比7倍以上のストレージ性能を実現する圧倒的なパフォーマンス~

インターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」に従来プラン比7倍のストレージ性能を実現するSSDを搭載した新プランを追加し、2012年12月13日より提供開始いたします。

「さくらのVPS」は、専用サーバの自由度と仮想サーバならではの機能を合わせもつ仮想専用サーバサービスで、Linuxカーネルに標準搭載の仮想化技術である「KVM」を採用し完全仮想化を実現しています。高性能・低価格という圧倒的なコストパフォーマンスで、個人エンジニアから一般企業まで幅広いユーザー層に支持をいただき、2010年9月の提供開始以降、すでに40,000件を超えるサービスをご利用いただいております。

高速なマルチコアCPUと大容量メモリなどサーバハードウェアの高スペック化の恩恵により、ここ数年のVPS(仮想専用サーバサービス)の進化は凄まじく、一般的な用途では仮想サーバであることをまったく意識する必要のないレベルに達しています。一方、CPUやメモリと比較して、ストレージであるHDDは容量こそ増えたものの性能部分で向上に乏しく、データベースなど特定用途においては、ストレージの性能がシステム上のボトルネックとなる傾向が顕著になってきました。

今回、データベースなどの高いストレージ性能が必要な用途に最適なプランとして、SSD(Solid State Drive)による圧倒的なパフォーマンスを提供する「さくらのVPS」SSD 1GプランおよびSSD 2Gプランを追加し、より魅力的なサービスラインアップを実現します。SSDを搭載した新プランは、HDDを利用する同メモリサイズのプランと比較して容量こそ半分となりますが、ストレージ性能では7倍と飛躍的に向上しています。

「さくらのVPS」は、性能と容量のバランスに優れた従来プランに加えて、ストレージ性能を追求したSSDプランを追加することにより、より幅広いニーズに対応するサービスへと進化します。「さくらのVPS」の今後にご期待ください。


■「さくらのVPS」ご利用中件数の推移

エクスプレスシリーズ(新ラインアップ)



■「さくらのVPS」 新プランについて

仕様と料金

※1 年間一括料金は、月額料金1カ月分が割引となります。

ランダム(HDD SATA、HDD SAS)

※1 IOPS(Input/Output Per Second)とは、ストレージなどの性能指標で、1秒間に読み込み・書き込みできる回数です。一般的に、IOPSが高いほど高性能なストレージと言えます。なお、blocksize 4KB時のIOPSでベストエフォート値となります。

※2 さくらのVPS SSD 1GプランとさくらのVPS 1Gプラン(HDD)の比較です。

※3 レイテンシとは、データ転送の要求からデータが送られるまでの待ち時間です。一般的に、レイテンシの値が小さいほど、応答速度が速いと言えます。なお、当社計測によるデータで、上記数値を保障するものではございません。


<「さくらのVPS」 の詳細>

「さくらのVPS」サービスサイト

※新プランに関する情報は、提供開始日(2012年12月13日)より掲載いたします。



以上

■さくらインターネット株式会社
本 社:大阪市中央区南本町1 丁目8番14号
設 立:1999年8月17日
従業員:180名
資本金:8億9,530万円
売上高:91億6,462万円(平成24年3月期)

■報道機関からのお問い合わせ先
さくらインターネット株式会社 広報宣伝室
TEL:03-5332-7072 FAX:03-5332-7080 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp

ページの先頭へ