プレスリリース│さくらインターネット


プレスリリース

PDF版ダウンロード

報道関係各位

2014年6月18日
さくらインターネット株式会社
(東証マザーズ:3778)

さくらインターネット、最速10分納品の「さくらの専用サーバ」サービスをリニューアル
~Intel最新プロセッサー搭載サーバを採用し、選べる2通りのお支払いプランを導入~

インターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、最速10分納品の高性能専用サーバサービス「さくらの専用サーバ」のサーバシリーズの改定と、初期費用の有無を選べるお支払いプランの導入を2014年6月26日に実施いたします。

「さくらの専用サーバ」は、信頼性の高いメーカー製サーバを圧倒的なコストパフォーマンスで提供する専用サーバサービスです。お申し込みから最速10分で使えるオンデマンド性、OSインストールやサーバ再起動がコントロールパネルからできるセルフサービス性など、クラウドに迫る使い勝手を実現し、2012年のリリース以降、進化を続けてきました。

今回の改定では、エクスプレスシリーズ、エクスプレスG2シリーズにおいてIntel社の最新プロセッサーを搭載したサーバモデルに刷新するとともに、ストレージ用途に特化したアドバンスドシリーズを新設し、4TBもの大容量HDDを含むストレージを最大14台搭載できるサーバモデルをラインアップいたします。

また、これまではサーバシリーズによって初期費用の有無が決まっておりましたが、今回、全サーバシリーズに初期費用あり・なしを選べるお支払いプランを導入し、ご希望のサーバモデルとお支払いプランを自由に組み合わせてご選択いただけるようになりました。

■選びやすく、導入しやすい、初期費用あり・なし2通りのお支払いプラン

全サーバシリーズに初期費用の有無を選べるお支払いプランを導入いたします。最低利用期間は初期費用ありのプランで3ヶ月、初期費用なしのプランでは12ヶ月となります。初期費用なしの場合、初年度は初期費用相当額を12分割した金額と月額料金を合わせてお支払いいただき、次年度以降は初期費用ありのプランと同じ料金となります。短期利用の方、月額コストをおさえたい方は初期費用ありプランを、サービス導入時の初期コストをおさえたい方は初期費用なしプランをご選択ください。

【例】お支払い方法 イメージ 初期費用:120,000円、月額料金10,000円のサーバの場合
  初期費用 初年度月額料金 初年度費用合計 次年度月額料金 最低利用期間
初期費用あり ¥120,000 ¥10,000 ¥240,000 ¥10,000 3ヵ月
初期費用なし ¥0 ¥20,000 ¥240,000 ¥10,000 12ヵ月

※年間一括いもご選択いただけます。一括払いの場合、月額料金1カ月分の料金が割引となります。

※一部のサーバでは「初期費用あり」のお支払いプランのみとなります。

■月額9,000円から利用可能、コストパフォーマンスに優れた「エクスプレスシリーズ」

「エクスプレスシリーズ」では、現在提供中のNEC製サーバモデルの後継機「Express 5800 E120e-M」を採用いたします。最速10分納品の驚異的なスピードはそのままに、CPU 4コア、メモリ16GB、HDD SATA 1TB×2(ミラーリング構成)のサーバを月額9,000円でご利用いただけます。CPUは最大12コア、メモリは最大64GB、ストレージは最大4台まで搭載でき、内蔵ストレージは、SATA、SAS、SSDをお好きな構成で選択できます。SATA以外の標準ストレージをご利用いただく場合や、複数のオプションを選んでご利用いただく場合でも3営業日以内(※1)の納期で提供いたします。

エクスプレスシリーズ料金表

※1:WindowsOS選択時は5営業日以内。

※インターネット接続回線は100M共有回線(ベストエフォート)が標準となり、有償オプションとして優先帯域制御回線やギガ回線へのアップグレードも可能です。標準提供OSは64bit版のCentOS 6 となります。

※E5-2407 v2 のサーバにつきましては「初期費用あり」のお支払いプランのみとなります。

■月額12,000円~、ハイスペック、ハイパフォーマンスを実現する「エクスプレスG2シリーズ」

「エクスプレスG2シリーズ」では、上位モデルで提供しているFujitsu製サーバモデル「PRIMAGY RX200 S7」を後継機「RX200 S8」に変更いたします。CPUは「Xeon E-5 2650 v2 2.60GHz」を搭載し、1CPU(8コア)、2CPU(16コア)の2種類をラインアップ。圧倒的なハイパフォーマンスを実現します。メモリは最大192GB、ストレージ搭載数は最大8台と拡張性に優れ、内蔵ストレージはSATA、SAS、SSDに加えて、高い処理能力で人気の「Fusion-io社製 ioDrive2 365GB」もラインアップに揃えます。エクスプレスシリーズ同様にSATA以外の標準ストレージをご利用いただく場合や、複数のオプションを選んでご利用いただく場合でも3営業日以内(※1)の納期で提供いたします。

エクスプレスG2シリーズ料金表

※1:WindowsOS選択時は5営業日以内。

※インターネット接続回線は100M共有回線(ベストエフォート)が標準となり、有償オプションとして優先帯域制御回線やギガ回線へのアップグレードも可能です。標準提供OSは64bit版のCentOS 6 となります。

■「ストレージ最大14本」データベース運用も実現する大容量サーバ「アドバンスドシリーズ」

これまで大容量サーバシリーズとしてBTO(Build To Order)で提供してきたフレックスシリーズに代わり「アドバンスドシリーズ」を新たに設け、より選びやすいシリーズ体系へと変更いたします。「アドバンスドシリーズ」は、大容量ストレージ構成へのニーズに応えるDell製サーバ「PowerEdge R720xd」を採用し、CPUは「Xeon E-5 2630 v2 2.50GHz」を搭載。メモリは16GB~最大192GB、ストレージ搭載数は最大14台と圧倒的なスケールを誇ります。標準ストレージはSAS 300GBで最速10分納品を実現し、ストレージラインアップにはNL-SAS 4TB、SAS、SSDをご用意いたします。複数のオプションを選び、スケールアップしてご利用いただく場合も、3営業日以内(※1)の納期で提供いたします。

アドバンスドシリーズ料金表

※1:WindowsOS選択時は5営業日以内。

※インターネット接続回線は100M共有回線(ベストエフォート)が標準となり、有償オプションとして優先帯域制御回線やギガ回線へのアップグレードも可能です。標準提供OSは64bit版のCentOS 6 となります。

※SAKURA Internet及びSAKURA Internetロゴはさくらインターネット株式会社の商標です。

※その他の社名、製品名などは、各社の商標または登録商標です。

以上

■さくらインターネット株式会社
本 社:大阪市中央区南本町1丁目8番14号
設 立:1999年8月17日
従業員:237名
資本金:8億9,530万円
売上高:100億4,500万円(平成26年3月期)

■この報道資料の問い合わせ先:
さくらインターネット株式会社 広報宣伝室
TEL:03-5332-7072 FAX:03-5332-7080 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp

会員向けメニュー

ログイン

ページの先頭へ