プレスリリース│さくらインターネット


プレスリリース

PDF版ダウンロード

報道関係各位

2017年4月18日
さくらインターネット株式会社

さくらインターネット、IoTプラットフォーム「sakura.io」提供開始
~だれもが、データを活かせる世の中へ~

インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、昨年より提供中の「さくらのIoT Platform β」の正式サービスとして、2017年4月18日より、IoTプラットフォーム「sakura.io」の提供を開始します。

本サービスは、モノとネットワークでデータを送受信するための「さくらの通信モジュール」(以下、「通信モジュール」)、通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するIoTのプラットフォームです。日常の中でinputとoutputを繰り返す情報を当社のサービスでサポートし、新しい価値やサービスが世の中に広がるようにという思いを込めて、「だれもが、データを活かせる世の中へ」のコンセプトのもと、このたび「sakura.io」と名称を改め、サービスロゴも刷新しました。

・新サービスロゴ

本日より販売する通信モジュールは、キャリアのLTE閉域網で、「sakura.io」に接続し、データを送受信する「単体方式」です。

なお、現在開発中である、2.4GHzまたは920MHz(LoRa)の変調方式の通信モジュールから各変調方式に対応するゲートウェイを経由して送受信する「ゲートウェイ方式」において、LoRaの通信モジュールの仕様および料金を共に創りあげていくテストチームメンバーを募集します。LoRaは、低消費電力で広範囲の通信を実現するLPWA(Low Power Wide Area)の1つです。LoRaの通信モジュールを利用することで、これまでキャリアのエリアや消費電力などが課題となり、通信モジュールを搭載できなかった機器をIoT製品とすることができます。

また、「sakura.io」正式提供開始にあたり、本サービスを利用するお客さまの製品の量産化計画をサポートする取り組みを実施します。すでに、パーツを販売する企業、通信モジュールの搭載方法のアドバイスを行う企業などと共にサポートを行っておりますが、さらに多くの企業と連携を行い、お客さまを支援してまいります。

詳細は以下をご覧ください。

■「sakura.io」について

【サービスサイト】

https://sakura.io/

【利用料金】

・通信モジュール販売価格

単体方式の通信モジュールは8,000円/台です。

・「sakura.io」の月額利用料金

通信モジュール1台につき月額60円です。

・sakura.ioポイント

通信モジュールとsakura.io間で通信をする場合に、sakura.ioポイント(以下「ポイント」)を消費します。日本国内においては、1回の通信あたり1ポイント消費します。通信モジュールを初めてコントロールパネルに登録した場合1台につき10,000ポイント、「sakura.io」の月額利用料金をお支払いいただくと、毎月10,000ポイントを付与します。なお、付与されるポイント以上に通信を行う場合、20,000ポイントあたり100円で追加購入ができます。

【通信モジュールおよびオプション品の販売について】
さくらの通信モジュール
(単体方式)
ブレイクアウトボード
(検証ボード)
Arduinoシールド
販売価格 8,000円/台
(10,000ポイントを付与)
2,500円/台 5,000円/台
販売開始日 2017年4月18日(火)
提供日 5月上旬以降順次発送予定
販売ページ https://sakura.io/product/

※ 「さくらのIoT Platform β」をご利用のお客様は、お持ちの通信モジュールで2017年4月18日から「sakura.io」をご利用いただけます。

※ ブレイクアウトボード1台で通信モジュールの検証にご利用いただけます。

※ Arduinoシールドは、通信モジュールとセットでご利用いただくものです。1台のArduinoシールドに対して通信モジュールが1台必要です。

※ SIMカードはキャリアからの貸与品です。

従来同様、通信モジュールは1台単位で販売するほか、大量生産する製品に本サービスを利用されるお客さま向けに、通信モジュールを90台セットにしたトレイ(585,000円)も上記の販売ページから購入できます。また、以下のハードウェアライセンスとプロトコルライセンスの販売形式を予定しています。ご希望の場合は、問い合わせフォーム(https://www.sakura.ad.jp/request_form/service/iot/)よりお問い合わせください。

・ハードウェアライセンス

概要:通信モジュールの製造に必要なSIM、バイナリ、モデムなど一部部品を提供します。それらを利用してお客さまの任意の形で通信モジュールを製造し、製品に組み込むことができます。

・プロトコルライセンス

概要:通信機能の「つくりかた」をご提供するものです。SIM、プロトコル仕様書、サンプルコードなどを提供し、お客さまのソフトウエアに「sakura.io」への接続機能を組み込むことができます。

【正式版からの追加機能】

・ファイル配信サービス(ファイル容量512バイトにつき1ポイント消費)

「sakura.io」に登録されたファイル情報を元に、デバイス側からファイルを取得することができます。

・簡易位置情報提供サービス(通信モジュール1台につき月額30円)

通信モジュールが接続されている基地局情報を元に、おおよその位置を提供するサービスです。

■LoRaの通信モジュールのテストチームメンバー募集について

現在開発中である「ゲートウェイ方式」(2.4GHzまたはLoRa)のうち、LoRaについてテストメンバーの募集を開始します。

対象 法人のお客さま
テスト期間 2017年6月~10月(予定)
料金 テスト期間は無料
申込期間 2017年4月18日(火)~5月31日(水)
提供日 2017年6月以降順次発送予定
申込フォーム https://www.sakura.ad.jp/request_form/service/sakura_io_testuser/

※応募者多数の場合は、厳正な審査の上、テストメンバーを決定いたします。

<ゲートウェイ方式とは>
2.4GHzまたはLoRaの変調方式の通信モジュールから各変調方式に対応するゲートウェイを経由して「sakura.io」に接続し、データを送受信します。2.4GHzは、住宅またはオフィス内など、比較的短距離(最大約1km程度)で多くのモノのデータをやり取りしたい場合や、LTEモジュールより省電力性を求める環境での利用に適しています。LoRaは、少量のデータを10数キロ程度までの比較的長距離でやり取りする場合に適しています。なお、ゲートウェイ1つに接続できる通信モジュールの台数には制限があります。販売価格等、詳細は別途ご案内いたします。

※ 「さくらのIoT Platform β」をご利用中の場合、「sakura.io」の月額利用料金は2018年3月まで無料です。さらに、「sakura.io」に通信モジュールを初めて登録した会員IDに100万ポイント付与します。なお、「sakura.io」の月額利用料金をお支払いいただくと付与される10,000ポイントは、2018年4月から付与されます。

※ LoRa、LoRaWAN、関連するロゴ、および当プレスリリースで使用されるその他の Semtech Corporation. の商標は、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

※ プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

※ 記載価格は全て税別です。

■さくらインターネット株式会社について

本 社:大阪府大阪市中央区南本町1丁目8番14号
設 立:1999年8月17日(サービス開始:1996年12月23日)
従業員:398名
資本金:22億5,692万円
売上高:120億8,600万円(平成28年3月期)
URL:https://www.sakura.ad.jp/

■この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

広報担当  TEL:03-5332-7072  E-mail:press-ml@sakura.ad.jp

会員向けメニュー

ログイン

ページの先頭へ