運用にかかる負担を減らし、サービス改善により注力できる方法を日々模索しています。

インフラエンジニア

小林 巧KOBAYASHI TAKUMI

2017年入社 / 新卒
技術本部 ミドルウェアグループ

私の仕事

サービスに関する異常の調査や障害対応、
運用改善を通しサービス品質の向上を目指す。

今は主に「さくらのVPS」の運用・開発を行っています。VPS利用のお客様に提供するVM(仮想マシン)が稼働するホストサーバに関連する仕事メインです。サービス運用を行っているチームやカスタマーサポートの部門からのエスカレーションがあった際にサービスに異常がないか調査したり、必要に応じて共同で障害に対処したりしています。また、ホストサーバ老朽化対応のための大規模なメンテナンスを行ったり、サーバーベンダーと障害機の保守内容について調整を行ったりしています。さらに、ホストサーバ上で動くスクリプトなどの改修を通して、VPSのサービス改善に取り組んでいます。

やりがいを感じた瞬間!

サービス運用のチームで障害対応やメンテナンスに以前携わっていた頃、メンテンス直前に行わなければいけない作業やシフトのルーティンワークがあり、毎回手作業で行う点を手間に感じていました。シフト業務の合間にそれらを自動化するスクリプトを作成し、自動で実行されるように設定しました。それによりシフトの業務が減り、周囲の方から感謝される機会がありました。それ以来、手順書がある単純な作業は省力化や自動化を推進し、より良いサービス作りに注力できる環境作りをもっとやっていきたいと考えるようになりました。

学生時代に興味を持っていたこと
知人の紹介でさくらの石狩データセンターでのアルバイトを始め、そこでサービスに使用されているサーバに触れたことから、サーバに興味を持ち始めました。自宅にラックを持ち、Webサービスの開発環境として仮想マシンを大学の友人に提供するなどをしていました。学生時代から物理的にサーバに触れていたことにより、サーバの仕組み・使い方などを学べる貴重な経験だったと思います。さらには、インフラをサービスとして提供するビジネスに興味を持つようになりました。
さくらインターネットを選んだ理由
自社でインフラを提供していて、サービス開発も内製しているところに惹かれました。内製していることで、さくらには幅広い・かつ深いスキルを持っている社員が多いため、学べる環境があります。入社前はそこまで得意ではなかったLinuxの基礎やプログラミングが、入社してから業務の中でそれらを学べるというのは大きかったです。学生時代、インフラエンジニアは目指しているけれど、何を突き詰めて勉強していくかは定めておらず、幅広く学べるさくらが私にはぴったりでした。
入社後に感じた社風や雰囲気
新しい技術に挑戦して、お客様にとってより良いサービス作りをしようとしています。また、皆それぞれが得意な技術分野を持っており、社内の勉強会や普段の会話の中で教え合い、学んで業務に活用しようする雰囲気があります。業務外でも社内外からインフラ好きの有志の集まりがあり、自分含め他の社員も積極的に参加しています。自主的な活動から得られる知見は多く、業務に活かすことができています。
これからチャレンジしてみたいこと
最近のインフラ技術の進化によって、ITインフラそのものやインフラエンジニアの定義も変わりつつあると感じています。インフラのユーザーの視点に立ちつつ、従来のインフラ技術だけでなく、その周りの領域にも注目していき、継続的にアウトプット(本や雑誌の寄稿、イベントでの登壇等)をしていきたいと考えています。
特に、セキュリティ・IoTの分野はこれまで以上に社会に大きく影響してく分野だと思うので深く追っていきたいと思っています。

就職活動中の方へ“MESSAGE”

興味のきっかけは広告・福利厚生・年収など何でもいいので、気になる企業には積極的に声をかけてみると良いと思います。実際にオフィスを見て、働いている人の話を聞き、自分なりのメリット・デメリットを比較してみると良いかと思います。
興味や関心、やりたいことの対象を見つけるには、アンテナを張り巡らし面白いと感じる記事を読み漁ってみたり、勉強会やカンファレンスなどのイベントに参加してみたりするのもいいと思います。IT業界の流れはとてつもなく速く、気づいたら取り残されていたという状態にならないように、常日頃からの情報収集力が重要です。
最近、「情報は出すところに集まる」というのは本当なんだと実感する機会がよくあります。SNSなどで積極的に自分のやっていることをアピールすると情報がより得られやすくなるかもしれません。