PEOPLE 先輩たちの声 メディアへの窓口として、いつも誠実な対応を心がけています。 広報担当 Sachiyo . S

PEOPLE 先輩たちの声

メディアへの窓口として、いつも誠実な対応を心がけています。

広報担当
Sachiyo . S

#1
広報の基本は、
つねに誠実さを
忘れないこと。

入社の際は、サービス企画として採用される予定でしたが、「Sさんは広報に向いているのでは?」と当時の上司に提案され、広報として働くことになりました。おもな業務は、いわゆるメディア対応ですね。取材対応やプレスリリースの作成、SNSでの情報発信などもチームとして行っています。以前に経験のない仕事ばかりなので、難しい反面、やりがいがあります。
広報の仕事は、人にお願いすることがとても多いんです。だから心がけているのは、“誠実である”こと。お願いする人が誠実でないと、お願いされた人も快く受けられないですよね? 社外に対しても、広報の言動は会社の評価に直結するので、つねに誠実さを忘れないようにしています。何かを依頼されたら、相手が求めていることを的確に判断して対応する。スケジュールも守るのは当たり前で、なるべく早めに動く。そんな気配りのある対応に努めています。

#2
記者発表会で
盛り上げた、
石狩データセンターの
晴れ舞台。

これまでの仕事で印象深いのは、2011年11月の「石狩データセンター」の開所式ですね。一般的な開所式は、関係者向けのお披露目の意味合いが強いんですが、さくらとしては、それではつまらない、となりまして(笑)。なので、この機に石狩データセンターの存在をより多くの人に知ってもらおうと、記者発表会も行うことにしました。それからが大変でした。通常の業務をこなしながら、限られた時間と人員ですべての準備を進めていきました。
当日は、予想を超える50名以上のメディアが集まってくれました。記者席の最前列には、有名経済情報番組のキャスターの方もいて驚きました。その夜、ホテルの一室に集まってその番組をみんなで見ました。そしたら、なんとトップニュースで取り上げられていたんです。その瞬間、みんな「キャー!」って声を上げて(笑)。うれしかったですね。でも、いちばん印象的だったのは、めったにほめてくれない上司が、一言「がんばりましたね」って声をかけてくれたことです。あの言葉は、かなり沁みました。

#3
女性の働きやすさを、
会社と一緒につくっていく。

現在、私は保育園のお迎えの都合で、17時退社の時短勤務をしています。育児休暇からの復帰直後、仕事と育児のバランスがつかみきれず、限られた時間の中でこれまでと同等の能力を発揮するのが難しく悩んでいた時に、「通勤の時間を育児や家事に当てられたらいいのですが…」と上司にこぼしたら、「それ、いいじゃない」と言ってくださって。在宅勤務もあっさりできるようになりました。びっくりしつつも、とても助かりました。
会社からも「働きやすい環境づくりのために、思ったことは何でも伝えてくださいね」と言ってもらっています。すごくありがたいですね。今後、もっと女性が働きやすい環境になっていくのではないでしょうか。

平均的な一日の時間の使い方

#4
母として、
リーダーとして、
仕事へのモチベーション
を高めていく。

実際、現在は泊まりの出張には行けないですし、17時以降の対応は誰かに代わってもらわないといけません。そういう時も、まわりのメンバーがすごくサポートしてくれます。本当にありがたいです。だからこそ自分でできることはやろうと思いますし、やらなくてはいけないって思うようになりました。仕事へのモチベーションがひとつ上がったように感じています。
私は、リーダーという立場でもあるので、チームのメンバーの能力をうまく引き出して、それぞれの成長にもっと貢献したいという気持ちがあります。育児中ということもあって、今は限られた時間でしか業務に関わることができない。そんな状況を、チームマネジメントの能力を磨くいい機会としてとらえ、メンバーの可能性をさらに高めることにつなげていきたいと考えています。

#5
さくらのイベントで、
会社のリアルな雰囲気に触れてみては?

就職活動をするうえでの大事なことに、情報を集めることがあると思います。もし、さくらのことをもっと知りたいと思うのなら、このウェブサイトを詳しく見てもらうのはもちろんですが、さくらが開催しているイベントに足を運んでみるのもいいと思います。そこで、実際にさくらで働いている社員と直接話すことができますので、ざっくばらんにいろんなことを聞いてみてください。みんな気軽に答えてくれると思いますよ。
そうして、さくらのことを知り、何かしら魅力を感じてもらえたら、ぜひ、さくらを目指してほしいと思います。そういう人たちと一緒に仕事できることを楽しみにしています。

#PRIVATE

休日は、子供と近所の公園や動物園などに出かけ、
リフレッシュしています。