PEOPLE 先輩たちの声 営業と技術、2つの視点から理想の着地点を見つけます。 プリセールス Yuki . N

PEOPLE 先輩たちの声

営業と技術、2つの視点から理想の着地点を見つけます。

プリセールス
Yuki . N

#1
他社とは異なる、
さくら独自の
工夫に共感。

プリセールスとは、日本語で言うと“技術営業”です。営業に同行して、技術的な面から必要な要件を検討したり、提案したりしながら、お客様のプロジェクトにさくらのサービスを具体的に落とし込んでいくというのが、おもな仕事になります。
前職も、ITインフラ関連のプリセールスだったので、さくらには注目していました。その頃よく思ったのは、限られた予算の中で、市場の期待に応えるスピードやパフォーマンスを満たすシステムを企業が独自に構築するのは難しいということ。インターネットを通して、必要な時に必要なだけリソースを“借りる”ほうが効率的だと感じていました。そのようなサービスを提供している会社の中でもさくらは、オープンソースを活用したり、競争力の源泉になる部分を自社開発したり、大規模なデータセンターでのいろいろな取り組みによってトータルの電気代を下げたりと、他社にはない独自の工夫をしているのが際立っていました。そんな会社の姿勢に興味を覚え、さくらに入社することを決めました。

#2
お客様が
欲しいものは、穴か?
ドリルか?

仕事を進めるうえで大切にしている言葉があります。“ドリルを買うお客様が欲しいのは穴であって、ドリルではない”。マーケティングの世界ではよく使われる言葉です。以前は、自分が売り込みたい技術ありきで提案をしてしまい、どうしても契約にいたらないケースがありました。そんな時、この言葉を耳にしてポンと腑に落ちたのです。
お客様が欲しいもの(=穴)を理解したうえで、はじめて最適なサービス(=ドリル)が提案できる。これはプリセールス以外の仕事にも当てはまる、お客様に何かを提案する際の本質なのだろうと思いました。場合によってはドリルじゃなくて、穴の開いた板を用意したほうがいいケースもあるかもしれません。
お客様の希望を第一に考えることは、そういう提案さえあり得るということを、その言葉で気づかされたのです。

#3
お客様満足度の優先が、
結果的に仕事へとつながる。

自分が「こうあるべきだ」と考えた提案がお客様に受け入れられた時は、やはりうれしいですね。例えば、お客様自身がこういうシステムがほしいと資料を持ってこられた場合、その資料を見ながら相談しますが、話を聞くうちに、「それならこれはいらない」とか「そういう目的ならこうしたほうがいい」とか自分なりの提案がどんどん出てきます。その説明に納得され、採用していただいた時は、やはり冥利に尽きます。
もちろんそれは、お客様目線で真摯に対応するからこそ、受け入れられるのだと思います。以前、上司から「提案するサービスは、最悪、自社のものでなくてもいい」と言われたことがあります。「お客様から信頼され、相談を受ける存在でいることが大事。だから、無理に自社サービスだけを提案することはない」というのです。その時は驚きましたが、今では納得します。お客様満足度を優先させることが結果的に仕事につながることは、これまで何度も経験してきましたので。

平均的な一日の時間の使い方

#4
部署間の
連携業務こそ、
プリセールスの能力が
生きる場所。

さくらの仕事でいいところは、部署間の連携が多いところです。広報部門から導入事例をもっとアピールしたいと相談され、どのように営業から事例を集め、どのように整理するか、一緒に考えたりしています。もともとプリセールスは、営業とエンジニアをつなぐものですから、異なる部署と連携して動くのは得意なことですし、とても楽しいですね。
究極の話をすると、営業と開発の業務領域が完全に分業できていれば、プリセールスという仕事はなくても成立するのかもしれません。しかし実際にはそうではありません。技術的な要件も営業的な要件もきちんと理解したうえで、理想の着地点を見つけ出すというのがプリセールスの存在意義なんだろうと思います。それは簡単なことではありませんが、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

#5
正しく“変化”する
ことが、この業界での
“安定”につながる。

就職活動で大事なことは、自分自身の“芯”を決めることだと思います。「こういうことをやりたい」でもいいですし、「こういうことはやりたくない」でもいい。そういう自分自身の基準みたいなものを定めて、それに合致する会社を探すのが、納得できる就職活動の近道だと思います。
さくらを目指す人には、「どういうものが正しいのか」「どうすればよくなるのか」をつねに考えられることを望みます。自分たちで現状を変えていくことには理解のある会社なので、自分の考えをしっかりもっている人なら、とても楽しい環境だと思います。
この会社はどんどん変わります。月1ぐらいのペースで新しいサービスが誕生したりと飽きることがありません。IT業界というのはよくも悪くも変わっていくものなので、自分たちが正しい方向に変わることが、逆に安定することなのかもしれません。

#PRIVATE

麻雀が好きです。社内外のメンバー問わず、月2~3回くらいのペースで楽しんでいます!
弊社に入社の際にはぜひ社内サークルの麻雀倶楽部「桜」にご参加ください。健全です!