さくらの強み

さくらインターネットは、データセンターを中核とする大規模なインフラを保有しつつ、多彩なインターネットサービスの開発に取り組む、業界的にもあまり例のない企業です。運用・開発・研究・営業部門を社内に設置し、各部門の連携を図ることで、画期的なイノベーションを生み出す体制を構築しています。

さくらインターネットを構成する基本体制
さくらインターネットを構成する基本体制
  • インフラとサービスの
    両面による商品開発
    たとえ優れたサービスでも、その基盤のインフラに問題があれば高いパフォーマンスは発揮できません。自社データセンターを備えるさくらでは、インフラとサービスの両面から高品質な商品を開発することができます。
  • 自社運営による
    オールインワン体制
    過度なアウトソーシングは、自社ノウハウの蓄積を妨げます。さくらは、運用・開発・研究・営業部門まで、すべてを自社に統合。経験の蓄積を図るほか、部門間の連携を高め、よりよいサービスの実現につなげています。
  • 長年の実績にもとづく
    優れた信頼性
    相互接続を前提とするインターネットでは、トラフィック量の多さが信頼性につながります。20年の蓄積をもつさくらは、つねに十分なトラフィックを確保。インターネット回線としての高い信頼性をあらわしています。
  • 先進技術の実用化を図る
    研究部門
    進化の激しいインターネット技術に対し、さくらでは中長期的視野による先進技術の研究・調査を行っています。これの技術は、将来的には運用やサービスへと反映し、お客様のメリットとして還元させていきます。