次世代育成支援

さくらのスタートアップ支援

さくらのスタートアップ支援プログラム

さくらインターネットでは、スタートアップ、ベンチャーを対象に、ビジネスに不可欠なサーバーインフラの提供、コンサルティングなどを無料で行っています。

さくらインターネットは、舞鶴高専在学中の代表田中により、1996年に学内ベンチャーとして創業されました。会社経営の経験のない当時18歳の田中は、様々な困難に見舞われましたが、たくさんの企業や個人の方々にあたたかいご支援をいただき、今日に至ります。

「創業時の皆さまへのご恩を忘れず、次世代の起業家への支援としてお返ししていきたい」そんな田中の想いにより、スタートアップ支援を実施しています。

当時と比較すると、現在は会社設立に関する法改正やコワーキングスペースの充実等によって、創業のハードルはずいぶんと下がってきています。しかしながら、ウェブサービスやアプリを開発するために不可欠なサーバーの費用は事業の立ち上げ時から発生し、サービスが急成長する際には予想を大幅に超える金額となることもありえます。そのような負担を少しでも軽減していきたいと考えています。

さくらインターネットは「『やりたいこと』を『できる』に変える」の理念のもと、全てのスタートアップ、ベンチャーを応援してまいります。

イベントの様子

人材育成

子供向けプログラミング教室「KidsVenture」

2015年、さくらインターネット、ビットスター、ナチュラルスタイル、jig.jpの有志メンバーが、東京・大阪・札幌を中心に、小学生を対象に電子工作・プログラミング教室を開始しました。2016年6月には、開催地を拡大するとともに、協賛企業から教材提供を募りプログラム内容の充実をはかるなど、本格的に活動していくために、非営利団体として「KidsVenture」を立ち上げました。現在は海外での開催も行っています。

カリキュラムでは、子供用プログラミング専用パソコン「IchigoJam(イチゴジャム)」をはんだごてを使って組み立てる工作から、プログラミング言語「BASIC(ベーシック)」を使ったオリジナルゲームの作成、「IchigoJam」を使ってダンボール製の組み立て式ロボット「paprika(パプリカ)」を制御する電子工作・プログラミングを実施しています。それらの体験を通じ、「つくる楽しさ」「学ぶ喜び」を体験できる場を提供し、将来的には、中学生や高校生まで対象を広げ、次世代のIT人材の創出を目指しています。

プログラミング教室の様子

さくらの学校支援プロジェクト

2020年に小学校でのプログラミング教育が必須化となることを受け、データセンター拠点のある石狩市での小学校及び教育委員会への支援を通じた地域貢献を目的とし、プロジェクトを発足させました。

石狩市ではプロジェクト発足時に設定した目標を2年間かけて着実にクリアし、石狩市教育委員会や有志の先生が主導してプログラミング教育に取り組む体制ができましたが、北海道内の他自治体からも支援のご要望をいただくようになったため、2019年度から新たに「さくらの学校支援プロジェクト」と名称を改め、北海道内での支援を推進します。
また、「こどもプログラミング通信」の発行を始め、「さくらのプログラミング教育ポータル」やTwitterでの情報発信など、忙しい先生が手軽にプログラミング教育に関する情報に触れることができるよう取り組みを行っています。

小学校で広く子どもたちがプログラミングに触れられるようにすることで、プログラミングに携わる人のすそ野を広げる活動を目指していきます。

出前授業の様子

高専支援プロジェクト

高度IT人材の発掘が社会全体の課題となっている中で、将来のIT人材創出に向けて、技術支援のため全国の高専向けにIoT体験ハンズオンを開催しています。また、IoTサービス開発基盤に利用できるさくらインターネットのIoTプラットフォームサービス「sakura.io」を用いた教材制作の支援を行いました。本教材が各校の授業や研究・開発、さらには、学生の自由な発想のもと、各種技術コンテストへの参加や時代に則した技術の習得の基盤となり、一人でも多くの優秀なIT人材の輩出の一助となるよう、今後もよりよい教材が提供できるよう努めてまいります。

sakura.io体験ハンズオンの様子