事業紹介

さくらインターネットは、1996年の創業以来、データセンター事業を中心とした高品質なインターネット
サービスの提供に努めてきました。以降、インターネット環境の変化とともにお客様のご要望にお応えする
多様なサービスを開発し、お客様のビジネスを支援。現在も、絶えず新たな事業の実現に取り組んでいます。

データセンターサービス事業

さくらインターネットでは、日本最大規模の大容量・高速の通信回線を確保し、高度なセキュリティと堅牢な設備環境を備えたデータセンターを自社で運営しています。全国に3つの拠点を構え、東京は東新宿・西新宿・代官山、大阪は堂島、北海道は石狩。24時間365日の運用体制でお客様の重要なデータを守ります。

さくらインターネットの
データセンターの特長

大容量かつ高速な通信回線により、高い可用性、安定性、スループットを実現。高度なファシリティ能力も備え、サーバーに最適な環境をご提供します。

  • 国内最大級の大容量バックボーン
  • ギガビットを超える高速な内部ネットワーク
  • 高度なファシリティに基づいた設備構成
  • 24時間365日の運用体制

データセンターサービス
事業の種類

さくらインターネットのデータセンターサービス事業は、「ハウジング」と「ホスティング」の大きく2つの種類を展開しています。

ハウジング
お客様のサーバをデータセンター内にお預かりし、お客様に代わってデータセンター事業者が維持・管理するサービスです。さくらインターネットでは、サーバなどの通信機器類を自由に設置できるラック(棚)スペースと通信回線、電源などを貸与する「ハウジングサービス」を提供しています。
  • ハウジングサービス 顧客が所有するサーバなどの機器類を設置するスペースと回線、電源などを賃与するサービス
ホスティング
データセンター事業者が所有するサーバリソースを、インターネット上でお客様にご利用いただくサービスです。さくらインターネットでは、お客様にサーバを1台まるごとご利用いただく「専用サーバサービス」、1台のサーバを複数のお客様でご利用いただく「レンタルサーバサービス」、物理サーバ上に複数の仮想サーバを構築し、あたかも専用サーバのようにご利用いただく、VPSやクラウドなどの「仮想サーバサービス」の3種類を提供しています。
現在、ホスティングは、クラウドやVPSといった仮想化技術を利用した形態が定着しています。さくらインターネットでは仮想化技術を利用したサービスはもちろん、レンタルサーバ、専用サーバといった従来から提供しているサービスの刷新を行い、お客様のどんな要望にもお応えできる適材適所のサービス展開を行っています。
  • 専用サーバサービス 台数無制限さくらの専用サーバ 最大20台 専用サーバPlatform St 専用サーバPlatform Ad
  • レンタルサーバサービス 1台を占有 さくらのマネージドサーバ 1台を共有 さくらのレンタルサーバ
  • 仮想サーバサービス VPS仮想化技術を用いて、1台の物理サーバを複数台の仮想サーバに分割して利用するサービス クラウド 高性能なサーバと拡張性の高いネットワークをインターネット上で構築できるパブリッククラウドサービス

新たな事業・サービスへの
取り組み

仮想化技術をベースとしたクラウドコンピューティングの普及により、既存のシステムでは対応が難しかった用途へのサービスの提供が、近年、実現可能となってきました。現在、さくらインターネットでは、データセンター事業で培ってきた経験や実績を生かし、お客様のビジネスに貢献できる新たなインターネットサービスの開発に取り組んでいます。

演算能力に特化した
サービスへの取り組み

深層学習、人工知能研究などへの注目が高まる中、大量の計算資源を必要とする技術分野での計算処理の需要はますます増えていくと考えています。さくらインターネットでは、新しいハードウェアや技術を積極的に利用し、現在のクラウドサービスを越える新たなサービスの提供に挑戦しています。

IoT分野への取り組み

さまざまな“モノ”がインターネットとつながることで、新たな生活体験や価値観を生み出す可能性を秘めた「IoT」。さくらインターネットでは、IoTがもたらす膨大なデータを世界でシェアするためのプラットフォームとなることを目指し、まずはIoT用の通信環境とデータの保存や処理システムが一体型となった「さくらのIoT Platform」の提供を開始しました。