データセンター紹介

データセンターとは、大容量高速回線や非常用電源設備などを備えたサーバの管理に特化した施設です。
安全で快適なインターネット環境を提供するため、さくらインターネットは、国内最大級の通信回線容量を確保し、
高速なネットワークと堅牢なファシリティを備えたデータセンターを自社で運営しています。

3つの拠点

東京・大阪・北海道(石狩)の3カ所に設置。東京は東新宿・西新宿・代官山、大阪は堂島と、都心部に位置しているため、公共交通機関によるアクセスにも優れています。各データセンター間は、10Gbps以上の回線で相互接続され、対外接続についても、複数のIXや大手ISPと接続。約120社のトラフィック交換により品質が支えられています。

特長

国内最大級の大容量バックボーン

対外接続902Gbps。東京・大阪間を数多くの大手ISPやIXと接続することで、ネットワーク障害の確率を限りなくゼロに近づけ、高い可用性と圧倒的なトラフィック配信能力を実現しています。

高速な内部ネットワーク

各データセンター間を10ギガビット以上での冗長構成で接続。よりスループットが求められる箇所では複数の回線接続による負荷分散を行うことで、高い安定性とスループットを実現しています。

高度なファシリティ

震度6強の地震にも耐える制震・耐震・免震構造を採用するほか、冗長構造の無停電電源装置(UPS)の設置など、データセンターに求められるファシリティ能力を高次元でクリアしています。

石狩データセンター

石狩データセンターは、クラウドコンピューティングに最適化された日本最大級の郊外型大規模データセンターです。北海道の冷涼な外気を活用した外気冷房によるエネルギー効率の向上、建物から設備にいたるまでの徹底したモジュール設計による柔軟性、そして東京ドームの約1.1倍という広大な敷地によるスケールメリットにより、圧倒的なコスト競争力を実現します。

北海道の冷涼な気候を100%活用

石狩データセンターは、ほぼ通年でサーバルームの外気冷房が可能です。1・2号棟では、北海道の冷涼な外気をサーバルーム内に取り込む「直接外気冷房方式」を採用し、一般的な都市型データセンターと比較して約4割の消費電力を削減。世界最高水準のエネルギー効率を達成しています。現在は3種類の空調方式を採用しており、1つはサーバルームの天井から外気を送り込み、サーバを冷却する「天井吹出方式」。2つめは「壁吹出方式」で、側面に巨大なファンを設置し、外気を壁から室内に送り込みます。サーバの排熱は、天井裏から屋外に排気します(下図参照)。3つめは、ラック列間の通路の区画による「ホットアイルコンテインメント(熱気の囲い込み)方式」で、サーバへの給気(低温)とサーバからの排気(高温)を物理的に分離しています。

  • PUE1.0Xの実現
    北海道の低温外気を活用することで、熱源稼働時間は従来型データセンターの1/10以下となり、データセンターのエネルギー効率をあらわすPUEは、1.0台(1.0X)*を実現しました。
  • 消費電力の削減効果
  • PUEとは
    PUE(Power Usage Effectiveness)とは、データセンターのエネルギー効率をあらわす指標の1つ。値が1.0に近づくほど効率がいい。一般的に、値が2.0を切ると効率がよいとされる。

地震・津波・液状化リスクの低い、安全で広大なロケーション

  • 石狩地域は、今後30年間で震度6以上の地震が発生する確率が0.1〜3%と低く、津波についても、陸上での最高到達点4.7mという数値に対し建設地の地盤高は5.5m以上となっているため、リスクはほとんどないと言えます。さらに石狩データセンターは二重構造で、建物重量も比較的軽いため、液状化が発生するリスクも大変低くなっています。また、敷地面積は約5万㎡と東京ドームの約1.1倍の広さを備えます。最終的には5棟、最大6,800ラック規模となり、スケールメリットを生むだけでなく、お客様のビジネスの拡張にも柔軟に対応していくことができます。

  • 今後30年間震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 ※地震調査研究推進本部(地震ハザードステーションJ-SHIS)調査

モジュール型で、柔軟性の高い建設設計

石狩データセンターは、建物自体を分棟式とすることで、当初から大規模な建物を建設する必要がなく、需要動向に応じた拡張が可能です。サーバルームも、非常用発電機やUPS(無停電電源装置)をサーバルームごとに設置するモジュール型で、建物と同様に需要動向に応じた拡張が可能で、その時々の最新の技術を採用することができます。

「さくらインターネット 石狩太陽光発電所」からの高電圧直流(HVDC)給電システム

石狩データセンターの商用環境では、高電圧直流(HVDC)給電システムが稼働しています。直流電流であれば、交流・直流交換を減らすことができ、設備投資の削減と給電効率の改善が同時に実現可能になります。この直流給電をより活用するため、さくらインターネットでは2015年8月に「さくらインターネット 石狩太陽光発電所」を建設しました。発電した電力を交流電力に変換することなく、直流のまま石狩データセンターへ送電し、専用のサーバルームへの給電を行うことで、発電から給電、消費まで、一連の流れを自社でまかなうことができます。

  • 電力効率の向上
    従来のAC方式では、安定した交流電流を確保するためのUPS内部(バッテリーはDC方式稼働)でAC→DC→ACと2度のAC/DC変換が行われています。加えて、サーバ内部の電源ユニットでも再度AC/DC変換が行われ、合計で3度のAC/DC変換が実行されます。変換時には必ず電力損失がともなうため、AC方式での効率は70〜80%にとどまります。
    一方、石狩データセンターが採用する「HVDC 12V方式」では、ACで受電したものをPSラックでHVDCに変換し、あとは直流のまま一気にサーバまで電力供給を行うため、AC/DC変換は1度きりです。高電圧となるHVDCは集中電源がおかれるサーバラックで12Vまで降圧され、安全な形で各サーバまで給電されます。総合的な効率は90%以上となり、従来のAC方式と比較して画期的な電力効率が実現可能です。
  • HVDCとは
    High Voltage Direct Currentの略で、高電圧の直流での給電方式を意味する。HVDC 12V方式は、300Vを超える高電圧直流を集中電源で12Vへと降圧したうえで、そのままサーバに給電する方式。
  • 自然エネルギーの活用
    巨大な電力を消費するデータセンター事業者として、再生可能エネルギーを売電することなく完全自社利用ができると考え、太陽光発電所を開所しました。
    名称 :さくらインターネット 石狩太陽光発電所
    場所 :北海道石狩市
    面積 :5,004㎡
    出力 :200kW
    電圧 :380V
    発電量:21万kW時/年

新空調コンセプトを採用した3号棟

「直接外気冷房方式」の1・2号棟との大きな違いは、新たな空調方式「間接外気冷房方式」を採用したことです。室外機と空調機の間を循環する冷媒を外気で冷やしてサーバルームを冷却する「間接外気冷房方式」は、外気を室内に導入しないため湿度変動がなく、除湿器・加湿器、加湿のための給水などが不要となり、ランニングコストをさらに削減できます。また、その他設備でもさまざまな工夫を取り入れています。
1・2号棟での運用経験を活かし、最大1,900ラックの収容を可能にした3号棟は、これからの石狩データセンターの中心的な存在となります。

ロスの少ないサーバールームの空調

「上部壁吹き出し方式」を採用し、送風ロスの低減と作業空間の快適性を両立しています。

大型機器の導入や大量搬入にも対応

将来的な大型機器などの搬入を見据え、搬入口からサーバルームまで電動フォークリフトでの走行が可能な設計にしました。

電気工事不要な拡張性に優れた配電

従来のケーブル方式ではなくプラグイン分岐機構をもつバスダクト方式を全面的に採用することで、ラック増設、供給電力変更時などの電気工事を不要とし、拡張性と柔軟性の向上を実現しました。

  • バスダクトとは
    電気を伝導するための帯状の導体を絶縁・被覆し、金属でケーシングしたもので、一般的なケーブル方式と比較して堅牢性、防災性、効率性に優れる。プラグイン分岐機構は、バスダクトからサーバラックへの電源敷設を容易にし、負荷容量に応じたブレーカ選定などを可能にする。