代表あいさつ

新しい社会のインフラを支えながら、最先端のサービスを構築していく。さくらインターネット株式会社 代表取締役社長 田中 邦裕

さくらインターネットは、1996年の創業以来より多くの方々に高品質でかつ手軽なインターネットサービスを利用していただきたいと考え、日々努力を重ねてきました。結果として、大変多くのお客様に私たちのサービスをご利用いただけるようになり、業績も順調に重ねることができました。これもお客様一人ひとりの支えによるものと感謝しております。

かつては単純に便利なツールという使われ方でしかなかったインターネットですが、今や必要不可欠なインフラとして社会に定着しています。インターネットを使った新しいサービスや社会システムが次々と誕生していくとともに、コンピューティングというインフラ領域を支える私たちの役割も、ますますその重要性が高まっています。

今後も、社会のインフラとしての重要な役割をまっとうし、お客様の可能性を広げるため、また社会に変革をもたらす先進的なサービスの実現に向け、さらなる向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

<創業のきっかけ>

1996年、当時18歳の学生だった私は、人生において二度と超えることのないであろう強烈な感動を覚えました。

それは、所用で訪れた秋葉原のとあるパソコンショップの店頭にあった「インターネット体験コーナー」にて、遠く離れた母校の舞鶴高専にある、自身のWebサーバにアクセスできた時のことです。

外部のネットワークから自分のサーバにアクセスすることは、現在でこそ当たり前ですが、このころのインターネットは非常に高価で、個人が気軽に使えるものではありませんでした。

そのような時代に、遠く離れた舞鶴にある自分のサーバから、いま自分がいる秋葉原のパソコンに応答が返ってくる。

この感動を多くの人に伝えたい。そのために誰でも気軽に使えるサーバサービスをつくりたい。
インターネットにおいて、ひとりひとりが「やりたい」とおもっていることを「やれる」ようにしたい。

そしてその年の12月23日、舞鶴高専の寮の一室で、ひとつのレンタルサーバサービスをつくりました。

さくらインターネットの歴史は、こうして始まりました。

代表取締役社長 田中邦裕

企業理念

さくらインターネットは2000年、創業当初の想いを「企業理念」としてまとめました。2009年には、企業理念をよりわかりやすいものへと発展すべく、新たに「Mission」「Vision」「Value」を制定しました。

Mission 当社の使命

私たちは、人々とビジネスの可能性を広げるデータセンターサービスの提供を通じ、インターネットによってひらかれる創造性と驚きに満ちた未来の実現に貢献します。

Vision 当社の目指す姿
Service
高品質で低価格なITプラットフォームと革新的で面白いインターネットサービスの提供
Infrastructure
スケールメリットと柔軟性を兼ね備えたコスト競争力の高いITインフラの実現
Technology
価値あるサービスの実現とインターネットの発展に寄与する先進的な技術の探求
Value 当社が重視する価値観
  • 質の高いサービスを生みだす絶えざる
    イノベーション。
  • コストパフォーマンスを支える卓越した
    オペレーション。
  • すべての活動のベースとなる良質な
    コミュニケーション。

さくらの強み

さくらインターネットは、データセンターを中核とする大規模なインフラを保有しつつ、多彩なインターネットサービスの開発に取り組む、業界的にもあまり例のない企業です。運用・開発・研究・営業部門を社内に設置し、各部門の連携を図ることで、画期的なイノベーションを生み出す体制を構築しています。

さくらインターネットを構成する基本体制
さくらインターネットを構成する基本体制
  • インフラとサービスの
    両面による商品開発
    たとえ優れたサービスでも、その基盤のインフラに問題があれば高いパフォーマンスは発揮できません。自社データセンターを備えるさくらでは、インフラとサービスの両面から高品質な商品を開発することができます。
  • 自社運営による
    オールインワン体制
    過度なアウトソーシングは、自社ノウハウの蓄積を妨げます。さくらは、運用・開発・研究・営業部門まで、すべてを自社に統合。経験の蓄積を図るほか、部門間の連携を高め、よりよいサービスの実現につなげています。
  • 長年の実績にもとづく
    優れた信頼性
    相互接続を前提とするインターネットでは、トラフィック量の多さが信頼性につながります。20年の蓄積をもつさくらは、つねに十分なトラフィックを確保。インターネット回線としての高い信頼性をあらわしています。
  • 先進技術の実用化を図る
    研究部門
    進化の激しいインターネット技術に対し、さくらでは中長期的視野による先進技術の研究・調査を行っています。これの技術は、将来的には運用やサービスへと反映し、お客様のメリットとして還元させていきます。