加入・協賛団体

下記の団体は、当社が加盟する主要団体の一部です。

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、コンピュータソフトウェア製品に係わる企業が集まり、ソフトウェア産業の発展に係わる事業を通じて、我が国産業の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ) ロゴ

日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)

日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)は、インターネット利用の拡大に伴って、インターネットプロトコルをベースとした情報流通に関連する様々なサービスを提供するインターネットプロバイダー事業の社会的重要性が増大している状況に鑑み、その専門的知識や事業運営等に関する能力の向上や意見の集約を図りつつ、関連事業分野とも連携を行うとともに、利用者のより良いインターネット利用を促進していくことにより、インターネットプロバイダー事業の健全な発展を確保し、もって高度情報通信ネットワーク社会の実現に寄与することを目的としています。

日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA) ロゴ

日本MSP協会(MSPJ)

日本MSP協会は、IT情報基盤の運用サービスを提供するマネージド・サービス・プロバイダ及びIT情報基盤の運用に携わる技術者等と協力し、情報共有、情報発信を行う事で、IT情報基盤運用の技術向上と品質向上、運用技術に携わる人材の発掘と育成、運用に関連する様々な評価軸を整理明確化し、最適なIT情報基盤の選定と、適切なコストで安全かつ効率的に運用する指標を提供する事を目的としています。
さらに、利用者にとって最適なIT情報基盤の選定と、適切なコストで安全かつ効率的に基盤を運用する指標を提供することで、さらなるIT産業界の活性化に貢献していきます。

日本MSP協会(MSPJ) ロゴ

日本データセンター協会(JDCC)

日本のデータセンターは、コスト面、性能面、安全面、信頼面で国際競争力を備えたものへと進化することが急務の課題です。
日本データセンター協会(JDCC)は、データセンター事業者と主要データセンター関連事業者が参加する組織を形成し、各事業者が水平的垂直的に協力して上記の課題解決に取り組むことによって、IT立国の基盤を支えるデータセンターのあるべき姿を追求することを目指しています。

日本データセンター協会(JDCC) ロゴ