最適で効率的なデータセンター運用の為、新しい知識を収集し続けます。

サーバエンジニア

鎌田 達也KAMATA TATSUYA

2019年入社 / 中途
技術本部 ハードウェアグループ

私の仕事

保守・障害対応をシフト制で分担。
最近は業務の電子化、自動化の動きも活発に。

レンタルサーバやVPSなど、サービスで提供するための機器の設置や配線、またHDDなどのパーツ交換やサーバの再起動といった保守・障害対応をシフト制で分担しながら対応しています。それに伴う在庫の管理や手順の作成・改善も仕事になります。最近はメールからSlack、チケットシステムへの移行や、業務の電子化、自動化の動きも活発になっています。

やりがいを感じた瞬間!

これまでの経験ではサーバの中身やOSについてはあまり触れてこなかったので、業務の中でそういった自分にとって新しい知識を身につけられた時にやりがいを感じます。サーバのサービスを売っている会社だけあって詳しい人が多いですし、情報も各所に流れていたり落ちていたりするので、積極的に調べたり聞くようにしています。

これまでの経歴
外資系のハウジング・データセンターの運用担当として、サーバラック内の機器設置・配線作業や保守・障害の現地対応をしていました。その後、クラウドベンダーのデータセンターファシリティ担当としてサーバラックに供給する電気や空調などを業者と協業しながら管理していました。
さくらインターネットを選んだ理由
これまで主にデータセンターの物理・ハード面の対応を業務にしてきましたが、ソフトウェアなどもう少し上のレイヤに興味があり、そういったところも学びながらこれまでの経験も生かして働けると感じ、さくらを選びました。 また新しいサービスを打ち出していることやさぶりこの取り組みなど、変化を推進する会社の姿勢も魅力に感じました。
入社後に感じた社風や雰囲気
情報がとてもオープンになっている所がいいなと感じています。Slackで各チームの作業の様子や社内・社外ニュースがいつも流れていますし、メールだと固くなりがちなやりとりも、絵文字盛り沢山で気軽にコミュニケーションできる場になっているなと思います。 また何か知りたいと思った時はSlackで聞くこともできますし、社内の情報をまとめたサイトで検索すれば個人ページがヒットして誰でも閲覧できるようになっていたりして助かっています。
これからチャレンジしてみたいこと
これまでのハード寄りの経験に加え、ソフトの知識を学んで、データセンターで行われていることを全体的に把握できる様になりたいと思っています。一つのサービスを提供するためにも、サーバの設定からネットワークの構築、機器への電気供給やトラブル対応、もっといえば業界動向や経営戦略など多くの事が必要でそれぞれ専門のチームがあるのですが、各チームのことを知っていないと最適で効率的なデータセンター運用は難しいと考えています。幸いさくらインターネットは誰とでもコミュニケーションできますし、聞けば教えてくれる環境があると思いますので、これからいろんな人を巻き込んで学んで行きたいです。

就職活動中の方へ“MESSAGE”

転職活動はとても労力が要りますし大変だと思いますが、いろいろな企業の人と話す機会というのは、例え上手く行かなくても、業界やその中の自分を知るの貴重な時間だと思います。
それぞれに大小あれど、何かしらの転職の理由や動機があると思いますので、それに適った道が拓けるように進んで行って頂ければと思います。