【重要】 突然、メールが送信できなくなったときには… (OP25B)

2006年10月16日

最近、迷惑メール送信対策の一環としてOutbound Port 25 Blocking(OP25B)を実施されるISP(インターネットサービスプロバイダ)様が増えております。

さくらインターネットでは最近「メールの送信が急にできなくなった」、「一定数のメールを送信すると、タイムアウトエラーが発生する」といった旨の
お問い合わせをよくいただきますが、その原因の一つにISP側によるOutbound Port 25 Blocking(OP25B)の実施が挙げられます。

お手数ではございますが、メールの送信が急に行えなくなった場合は、メールソフトの設定を一度ご確認くださいますようお願いいたします。

参考情報:Outbound Port 25 Blockingとは
25番ポート(SMTPポート)の利用をISP側で制限することにより「自身の加入しているISP以外のメールサーバを経由させない」しくみのことを指します。
  • 従来の形式(Outbound Port 25 Blockingに対応していないプロバイダ)
  • Outbound Port 25 Blockingを実施しているプロバイダ)

「さくらのレンタルサーバ」、「さくらのメールボックス」、「バーチャルドメイン」、「さくらウェブ」、「さくらポスト」では25番ポート(SMTPポート)の代替として、587番ポート(サブミッションポート)をご利用いただけるよう設定しています。

  • Outbound Port 25 Blockingを導入しているプロバイダで、さくらインターネットの共用サーバを利用する場合)


企業内LANやファイアウォールを設置、設定されているネットワーク下からでは587番ポートが開放されていないことがあります。この場合、ネットワーク管理者様へご相談ください。