「災害コミュニケーションシンポジウム」にてさくらインターネット研究所 松本が講演いたします

2012年12月3日

お客様各位
                         さくらインターネット株式会社

 平素よりさくらインターネットに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、「災害コミュニケーションシンポジウム」にて、さくらインターネット研究所
松本が「ビッグデータを使った東日本大震災の可視化」をテーマとし講演いたしますの
でお知らせいたします。

 同プログラムでは、東日本大震災を契機として災害復旧・減災の助けとなるIT技術の
活用方法などについて講演いたします。

 詳細は下記ご参照くださいますようお願いいたします。

                    <記>

■講演について
 ▽テーマ
  災害復旧・減災の助けとなるIT利活用

 ▽講演者
  松本 直人
    さくらインターネット研究所 上級研究員

 ▽日時
  2012年12月20日(木)10:00~11:00

 ▽詳細
  http://www.sig-spt.org/sympo2012_12.html

■「災害コミュニケーションシンポジウム」について
 ▽日時
  2012年12月20日(木)9:50~17:50

 ▽参加費
  ─シンポジウム:一般:10,000円(事前申込み)
             12,000円(当日)
          学生:無料
  ─懇親会:5,500円+ドリンク代

 ▽お申込み
  http://www.sig-spt.org/sympo2012_12.html

 ▽場所
  東京理科大学
  PORTA神楽坂(〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2丁目6-1)7F第2会議室
  地図→http://most.tus.ac.jp/mot/summary/

 ▽主催
  セキュリティ心理学とトラスト研究会(SPT)
  インターネットと運用技術研究会(IOT)

 ▽詳細
  http://www.sig-spt.org/sympo2012_12.html