• お知らせ

【更新終了】北海道胆振東部地震による影響について(石狩データセンター通常稼働中)

2018年9月6日

お客さま各位

(2018年9月26日14時00分)
本お知らせにつきまして、北海道電力の電力供給の正常化に伴い、更新を終了いたします。
石狩データセンターは通常通り、安定したサービス提供を行っております。

本日(9月6日午前3時8分頃)の北海道胆振東部地震により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

今回の地震により、石狩データセンターへの北海道電力による送電が停止(停電)しておりますが、石狩データセンター収容サービスにつきましては、非常用発電設備により現在正常に稼働を継続しております。

なお停電後、電源設備の障害により、一部お客さまのサーバーへの接続が行えない状態となっておりましたが、現在は復旧しております。当該サービスをご利用中のお客さまには、大変ご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

停電の影響があったサービス

さくらの専用サーバ 石狩第2ゾーンの一部
※詳細は下部の弊社サポートページをご覧ください

・さくらのサポート情報
 > 平成30年北海道胆振東部地震について
  https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/360000146442
  ※9月6日午前8時4分、復旧を確認済です。

停電の影響がなかったサービス

さくらのレンタルサーバ
さくらのVPS
さくらのクラウド
さくらの専用サーバ(石狩第2ゾーンの一部以外)
ハウジングサービス
リモートハウジングサービス
sakura.io

本件に関するお問い合わせ

メールアドレス:support@sakura.ad.jp

過去の追記内容

(2018年9月7日0時26分追記)
北海道電力より、石狩データセンター稼働に必要な電力量の約50%の電力供給が9月7日0時26分から再開されました。
これに伴い、非常用発電設備についてはより長い時間の稼働が行える見込みとなりました。なお、非常用発電設備の燃料につきましては、国および経済産業省のご支援をいただきながら確保に向けて調整を進めております。
今後の状況の変化につきましては、引き続き随時お知らせいたします。

(2018年9月7日12時45分追記)
非常用発電設備は、給油ができない場合においても、月曜日の夕方頃までは稼働できる見込みです。
加えて、石狩市役所、経済産業省、各所のご支援をいただき、一週間程度の稼動が可能な燃料の手配ができる見込みであり、一部につきましては、本日より給油が開始される予定です。
なお、電力の復旧が期待できず、燃料枯渇に伴い非常用電源の維持も困難という状況になり、石狩データセンターで提供するサービスの停止が余儀なくされる場合、少なくとも24時間以上前に告知をいたします。
燃料の追加供給と、今後の状況の変化につきましては、引き続き随時お知らせいたします。

(2018年9月8日11時15分追記)
石狩データセンターは、非常用発電設備への給油を行い、現在の残量で9月13日(木)の午前中頃までは稼働できる状況となりました。加えて明日以降も、さらなる給油を予定しております。

(2018年9月8日14時30分)
北海道電力からの電力供給が回復したため、9月8日12時30分より復電作業を開始し、14時5分に非常用発電設備の稼働を停止いたしました。
しかしながら全道的に電力が不足している状況が続いております。
輪番停電などに弊社も協力していくとともに、不測の事態に備え、非常用発電設備の再稼働を視野にいれた体制を継続いたします。