プログラミング初心者向けeラーニング「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」を2019年12月19日より提供開始

2019年12月11日

 さくらインターネット株式会社は、当社が経済産業省事業として実施している「政府衛星データのオープン&フリー化・データ利用促進事業」(以下、「本事業」)の一環として、プログラミング初心者向eラーニングTellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」を2019129日より提供開始します。

  本事業では、衛星データをクラウド上で分析できる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を構築・運用しています。当社はこれまでTellusの利用者となる人材の創出のため、プログラミングスキルを有するIT技術者向けに、衛星データ活用技術者養成講座「Tellus Satellite Boot Camp」の開催、およびeラーニング「Tellus Trainer」を提供してまいりました。 

  このたび提供する「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」は、プログラミング初心者向けのeラーニングです。プログラミング言語のPythonを用いて、簡単な画像処理や衛星画像の加工、数値予測の方法などをオンライン上で学ぶことができます。 

 なおTellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」は、キラメックス株式会社が運営する、プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクールTechAcademy(テックアカデミー)で公開します。通常のeラーニングとは異なり、現役エンジニアのメンターが毎日オンラインで待機しているので、疑問点を聞けばチャットですぐに回答がもらえます。 

  さくらインターネットは「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コースの提供を通じて、より多くの方に衛星データに興味を持っていただき、衛星データのビジネス利用促進に貢献してまいります。 

eラーニング「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」の概要

受講対象 

中学生以上のプログラミング未経験の方 
※中学生未満の方であっても、漢字などが読める場合においてはお申し込み可能です。
※未成年の方の場合は保護者の同意を得てからお申し込みください。 

募集人数 

200 
※募集人数を超えた場合は抽選といたします。 

受講費用 

無料  

講座内容例 

  • Pythonの基本文法 
  • 数値計算やグラフ描画
  • データ解析手法
  • 画像加工
  • 機械学習の基礎と演習 

受講期間 

受講期間は1週間です。受講開始日については、お客さまに個別でメールにてご連絡いたします。 

ウェブサイト 

下記ウェブサイトで、201912月9日(月)から申し込み可能です。詳細につきましては以下ウェブサイトをご覧ください。 

https://techacademy.jp/lp-tellus 

■Tellus Trainerとの比較

 

 

初心者向けTellus学習コース

Tellus Trainer

目的

Pythonの基本から画像処理、機械学習までの基礎を学び、開発環境が使えるユーザを増やす

 

教師データ作りから機械学習まで学び、衛星データアルゴリズムコンテストの解析手法を理解できるレベルのスキルを身に着ける

 

受講対象

プログラミング初心者

 

衛星データ初心者

プログラミング初級~中級以上

 

必要スキル

特になし

 

・Pythonを使った業務経験(できれば)

・プログラミング言語の経験

・プログラミングを独学しながら学習を進めることができる方

 

コンテンツ

 

・Python基本文法

・NumPyの使い方(数値計算)

・Matplotlibの使い方(グラフ描画)

・Pandasの使い方(データ解析)

・Pillowの使い方(画像加工)

・scikit-learnの使い方(機械学習)

・機械学習の実践

 

・データサイエンス/AI概論

・データサイエンス講座中級編

・衛星データの基礎知識

・Tellus上の衛星データ画像解析講座

・衛星データ×機械学習概論

・機械学習における物体検出概論

・物体検出演習

受講形式

・オンラインテキスト

・理解度チェック問題

・チャットサポート

 

・オンライン動画

・理解度チェック問題

・ディスカッションボード(Q&A用掲示板)

 

身につくこと

・プログラミングスキルの基本

・Pythonを使った画像処理技術

 

・光学衛星、SAR衛星など、衛星データの基本原理、解析方法

・Tellusの利用を想定した衛星データの解析方法

・Pythonによる物体検出を行う機械学習スキル

 

※ Tellus Trainerとは
    2019年11月1日より募集を開始した自宅で衛星データ解析が学べるe-Learningです。
    https://tellustrainer2019.peatix.com/view

 

Tellusについて

概要

 Tellusは、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」を受託し、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのさまざまなドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有します。また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。
 本プラットフォームの名称は、宇宙から得られる地上のデータにより豊かな未来を作り出したいという意を込め、大地の女神「Tellus(テルース)」から取っています。

Tellusウェブサイト

https://www.tellusxdp.com

参考情報

  • さくらインターネット、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を運用開始 〜衛星と地上データによる新たなビジネス創出に寄与し、日本の経済力強化へ〜(プレスリリース)
     https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/02/21/1968199564/ 
  • さくらインターネット、SIGNATEとリモート・センシング技術センターの協力のもと、衛星データ活用技術者養成講座とeラーニングを提供開始〜衛星データの解析者を育成し、衛星データプラットフォーム「Tellus」の利用者創出へ〜(プレスリリース)
    https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/09/30/1968201316/
タグ