さくらインターネット、「Tellus SPACE xData Fes. 2021」を2021年10月26日にオンライン開催~衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.3.0をご紹介~

2021年10月11日

クラウドコンピューティングサービスを提供するさくらインターネット株式会社は、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.3.0を2021年10月26日に提供開始いたします。同日、「Tellus SPACE xData Fes. 2021」(以下、「本イベント」)をオンライン(Youtube配信)にて開催いたします。

「Tellus」は、当社が経済産業省事業として開発・運用する、クラウド上で衛星データの分析ができる日本発の衛星データプラットフォームです。「宇宙アセットを民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネスマーケットの創出を目指しています。

本イベントでは、これまでのTellusの取り組みやVer.3.0で提供される新機能について、当社執行役員 上田 晋司よりご説明させていただくほか、実際に衛星データを利用されている、オーシャンソリューションテクノロジー株式会社 代表取締役 水上 陽介 氏と株式会社スペースデータ 代表取締役 佐藤 航陽 氏にご登壇いただき、衛星データ利用の最新事例やポイントなどを議論するトークセッションを行います。

Tellusは、2019年2月21日の提供開始から多くのお客さまにご利用いただき、アカウント登録者数は2021年9月末時点で23,000人を超えました。本イベントを通じて、Tellusと衛星データビジネスの未来に可能性を感じていただけましたら幸いです。

「Tellus SPACE xData Fes. 2021」について

主催

経済産業省

運営

さくらインターネット株式会社

開催日時

2021年10月26日(火) 13:00~15:30(12:50~配信開始)

開催方法

オンライン(YouTube配信)

参加費用

無料 

イベント特設サイト

当日はウェブサイト内に記載しているYoutubeのURLより視聴ください。当日のイベント内容、登壇者の変更・追加につきましてもこちらで随時アップデートいたします。なお事前にご登録いただくと、イベント開催前(1週間前~前日)にリマインドのご連絡をメールにてお送りいたします。

https://fes.tellusxdp.com/2021/

衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」について

Tellusは、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」として、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのドキュメントを提供するオウンドメディアといった機能を有しています。また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。
本プラットフォームの名称は、宇宙から得られる地上のデータにより豊かな未来を作り出したいという意を込め、大地の女神「Tellus(テルース)」から取っています。

・Tellusウェブサイト https://www.tellusxdp.com/

・Tellusロゴ

参考情報

  • この秋、衛星データビジネスの今と未来を語るイベント「Tellus SPACE xData Fes.2021」を開催!(Tellusオウンドメディア「宙畑」)
    https://sorabatake.jp/23042
  • さくらインターネット、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を運用開始 〜衛星と地上データによる新たなビジネス創出に寄与し、日本の経済力強化へ〜(プレスリリース)
    https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/02/21/1968199564/ 
タグ