北海道石狩市とさくらインターネットが「デジタルトランスフォーメーションの推進及び脱炭素等のイノベーションによる地域活性化に関する包括連携協定」を締結

2021年9月30日

北海道石狩市とクラウドコンピューティングサービスを提供するさくらインターネット株式会社は、「デジタルトランスフォーメーションの推進及び脱炭素等のイノベーションによる地域活性化に関する包括連携協定」(以下、「本協定」)を、2021年9月30日に締結しました。

石狩市包括連携協定締結

包括連携協定書を手にした加藤龍幸石狩市長とさくらインターネット代表の田中

本協定は、2018年3月30日に締結した「IoTなどの情報技術を活用した地域活性化に関する包括連携協定」を更に高いレベルに進め、地域でのデジタルトランスフォーメーション(以下、「DX」)推進を目指すことを目的としています。

また石狩市は、再生可能エネルギー(以下、「再エネ」)による「エネルギーの地産地消」を通じた「石狩版地域循環共生圏」として、地元でできた再エネを使えるエリアの実現に取り組んでいます。さくらインターネットも本協定を通じ、石狩データセンターの脱炭素化を含めた相互協力の枠組みを検討してまいります。

「石狩版地域循環共生圏」について

石狩市では、地域の再エネを上手に使い、地域で作ったエネルギーを地域で使う「エネルギーの地産地消」を通じて、環境を守るのと同時に地域を元気にする、「石狩版地域循環共生圏」の構築を目指しています。

この「石狩版地域循環共生圏」の実現により、二酸化炭素の排出を減らして地球温暖化を防ぎながら、地域の発展も実現できるよう、取り組みを進めています。

地元でできた再エネを使えるエリアの実現

  • 世界では、再エネに注目が集まり、再エネを使って事業がしたいという企業が増えています。
  • そうした企業に、「石狩で事業がしたい」と思ってもらえるように、100%再エネで事業ができるエリア(再エネ100%エリア)の実現を目指します。

「石狩版地域循環共生圏」についての詳しい情報は、こちらをご参照ください。
https://www.city.ishikari.hokkaido.jp/soshiki/kouwank/51381.html

石狩データセンターについて

さくらインターネットが運営する北海道石狩市の石狩データセンターは、クラウドコンピューティングに最適化した大規模データセンターとして2011年11月に開所しました。北海道の冷涼な外気を活用した外気冷房によるエネルギー効率の向上、建物から設備にいたるまでの徹底したモジュール設計による柔軟性、東京ドーム約1個分という広大な敷地によるスケールメリットが特長です。

さくらインターネットは「『やりたいこと』を『できる』に変える」という企業理念のもと、今後もサステナブルなデータセンター運営を通じて、社会のDXを支えてまいります。

参考情報(プレスリリース)

石狩市への報道関係のお問い合わせ先

北海道石狩市企画経済部企業連携推進課(加藤・佐々木)
E-mail:kouwank@city.ishikari.hokkaido.jp
TEL:0133-72-3158
FAX:0133-74-5581

タグ