「さくらインターネット2022年度内定式」を今年もフルリモートで開催

2021年11月11日

2021年10月1日、さくらインターネットでは、来年4月に入社する新卒内定者9名を迎え、内定式を執り行いました。その様子を、人事部門担当よりお伝えします。

2回目のフルリモート内定式

昨年に引き続き、今年も、内定者・事務局そして内定者を迎える当社メンバー全員がオンラインで参加するフルリモート形式での内定式となりました。

内定者は、北海道・関東・北陸など全国の様々な場所からオンラインの内定式会場へ集まってきました。当社社員も沖縄に在住している代表取締役の田中をはじめ、全国各地様々な場所から総勢90人以上が参列。開式前には、微妙に通じ合えない天気の話などの雑談も生まれつつ、距離を超えてのコミュニケーションが可能なオンラインならではの内定式が実現しました。

フルリモートで実施する理由は、新型コロナウイルス感染症対策?と感じられる方が多いかもしれません。

勿論、社会情勢の影響もありますが、さくらインターネットでは、元々、大阪・東京・九州・北海道などの異なる拠点のメンバーが協働して業務を進めてきたこともあり、オンラインでのコミュニケーションはもはや、当社の風土の一つとも言えます。

そんなオンラインの利点を十分に活かしながら、今年も内定式を実施しました。

代表田中より歓迎のメッセージ

開式アナウンスの後には、代表田中より、内定者の皆さんへ歓迎のメッセージが贈られました。

何のために働くのか?を「やりたいこと」と「やるべきこと」どちらにも真摯に向き合いながら考え、さらに、その中に自分自身が楽しみを見いだせるような仕事をしてほしいというメッセージがありました。そして、今・この瞬間にやりたいこと、叶えたいことは何か?を自らに問う気持ちを大切に、日々を過ごしてほしい、といった願いを共有しました。「(入社前には)学生時代にしかできないことを思い切り体験してほしい」などといったアドバイスがよく聞かれますが、学生のうちにやみくもにやりたいことを探す必要はなく、社会人になっても出来ることはたくさんある、むしろ、社会人になったからこそできることもあるということを、自身が4年前、社長の立場で1か月休暇を取得した際のエピソードを交えながら伝えました。

沖縄から代表田中の挨拶。田中がまだ内定式のオンラインミーティングに接続していないと思った司会者が「田中さんは遅れてまして」とフォローすると「いや、ここにいますよ!」の反応が。こんなハプニングもオンライン会議あるあるです。

90名が見守る内定者自己紹介と、役員紹介

代表田中による歓迎メッセージの後は、内定者それぞれから自己紹介のプレゼンテーション。毎年の恒例行事ですが、それはそれは皆さん緊張しています。無理もありません、クリック一つで気軽に出席できる当社のオンライン内定式。直前の呼びかけにも関わらず、ざっと90名の社員が集まり温かく見守っているのです。緊張しながらもそれぞれがどのような学生生活を送っているのか、将来の夢、愛してやまない趣味など工夫を凝らした自己紹介が行われました。

その間、チャット欄は激励・合いの手・掛け声の嵐。発表中は極限状態でリアルタイムにチャットに流れる文章を追えなかったであろう内定者には、ゆっくりと後で読むことができるように内定式の後にメッセージを共有しました。

最後に、配属予定先責任者である役員からの激励の言葉をもって、内定式の本編は終了となりました。

内定者からの自己紹介プレゼンテーションは当社の恒例行事。チャット欄には社員からの温かい励ましや様々なリアクションが流れてきます!

リアルタイムで参加できなかった方用のオンデマンド共有画面。なお、当社では情報保障の観点から、全社に向けたメッセージはすべて文字データも併せて公開しています。

知られざる内定式第二部・・!

式典は90分ほどで終了しました。では、そのあとの内定者の様子を少しだけご紹介しましょう。

オンラインランチ

内定者の皆さんは午後も先輩社員との交流会、内定者同士の相互理解ワークショップ、入社までのスケジュールに関する連絡など予定が目白押しです。

そんな忙しい合間のお昼ご飯は、内定者みんなでおいしく食べつつ盛り上がってほしい、という思いもあり、全員に同じフードボックスをお届けしました。

全国に散らばる内定者に、同じ内容でウェルカムランチを届けました。午後からのお茶会に備え、各自がコーヒーも用意!

懇親お茶会

飲み会でもなく、討論会でもなく、お茶会です。役員と内定者の皆さんを少人数のグループに分け、気軽な対話会を実施しました。質問はなんでもいいですよ!と促され「社長からは今しかできないことを・・とありましたが、自分はもっと青春時代を楽しむべきなのでしょうか!?」という哲学的なお悩みが出たグループも。人生の先輩である役員も、自身の学生時代を振り返りつつ、アドバイス?自らの学生時代の後悔を吐露?していました。役員と内定者の会話は、質問はなんでもいいとの前振り通りに業務とは関係のないことも含めて盛り上がりました。こうした気軽な対話で少しでも、一緒に働く仲間を身近に感じてもらえたら嬉しいです。

そのあと、新卒入社の先輩社員との交流時間も設けられました。

ワークショップ&オリエンテーション

たくさんの社員と語った後は、人事部門による、相互理解のためのワークショップを実施。自分のことを言語化する、相手の話を引き出すことにチャレンジしながら、最終的に内定者同士がお互いを深く知ることができるプログラムを用意しました。このワークショップを通じて内定者同士の意外な共通点などを見つけることができました。最後は、入社までのスケジュールをお伝えし、内定式の日程は全て終了です。

この日の集合時間には画面越しにも伝わるほどの緊張状態だった内定者の皆さんも、全日程終了後には疲労感が垣間見えるものの互いに打ち解けた雰囲気を感じることができ、一日中一緒にいた人事担当メンバーもほっと安心しました。

一部ではありますが、2022年度新卒者向け内定式の様子をお届けしました。なお、現在のところこれ以降も、入社式・新入社員研修など一連の行事もオンラインベースでの実施を予定しています。これは、世相だけではなく、さくらインターネットらしい働き方の追求に紐づくものです。もちろん、リアル開催でしか実現できないものとのバランスを考慮し、実施様式を制限するものでもありません。

内定者の皆さんが「今しかできないこと」を大切にしつつ学生生活を楽しみ、来春晴れやかな笑顔で入社を迎えてくれることを楽しみにしています!

最後はもはや恒例、スクリーンショットで集合写真。zoom背景も、服装も内定者らしさを大切に。多様な仲間が働くさくらインターネットへようこそ!