さくらインターネット、経済産業省が定める「DX認定企業」に認定

2022年2月4日

さくらインターネットは、経済産業省より「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応しDX推進の準備が整っている企業として「DX認定企業」に認定されました。

 

さくらインターネットでは、「『やりたいこと』を『できる』に変える」の理念のもと、お客さまのDXを支援するサービスの開発および提供を行ってきました。個人から法人、文教・公共分野まで、さまざまなお客さまのニーズに合わせた「さくらのレンタルサーバ」「さくらのVPS」「さくらのクラウド」などのDXを推進するクラウドコンピューティングサービスを提供しています。

また、2021年12月には、IaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」が 「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)に登録され、政府機関が情報システムのクラウド基盤として、さくらのクラウドを選定できるようになりました。このように、お客さまが安心してDXを推進するための取り組みも行っております。

今後もさくらインターネットは、すべてのお客さまが安心してDXの推進ができるサービスの開発およびガバナンスの強化に対する取り組みを続けてまいります。

「DX認定企業」について

DX認定企業とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づいて制定されたDX認定制度にて、経済産業省が認定した事業者のことです。デジタル技術による社会変革を踏まえて経営者に求められる対応をまとめた「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応し、DX推進の準備が整っていると認められる企業を国が認定します。

参考情報

さくらインターネットのIaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」が 「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)に登録(2021年12月20日発表)
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2021/12/20/1968208743/

タグ