• プレスリリース

さくらインターネット、高火力コンピューティングの新モデルとして
「Tesla V100(32GB)モデル」を提供開始
〜「Tesla V100(16GB)モデル」の価格改定も行いさらに導入しやすく〜

2018年7月30日
  • さくらインターネット株式会社

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、大量の計算資源を圧倒的なコストパフォーマンスで利用できる「高火力コンピューティング」の1つである「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」の新モデルとして、NVIDIA社の最新GPU「Tesla V100 for PCI-Express」を搭載したGPUサーバー「Tesla V100(32GB)モデル」を2018年7月30日より提供開始します。

 「Tesla V100 for PCI-Express」は、NVIDIA社の最新 GPU アーキテクチャである NVIDIA Volta™ が採用されており、1個のGPUでCPU最大100個分の性能を持ちます。Volta世代から搭載された「Tensor Core」により、ディープラーニング性能で 100TFLOPS※1の壁を突破した世界初の GPU です。

 このたびのTesla V100(32GB)モデルのラインアップ追加と同時に、2017年12月より提供中のTesla V100(16GB)モデルの価格を改定しました。長期利用を検討するお客さまにとって、より費用対効果が高くなるよう、月額料金を安くしています。さらに、これまで当社営業担当経由でのみ販売を行ってきたTesla V100モデルについてウェブからの申込受付を開始し、導入しやすくしました。

 「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ」は、高性能な物理サーバーをクラウドのような手軽さで利用できる「さくらの専用サーバ」の基盤を活用し、計算資源用に最適化したサービスです。GPUシステムを手元で動かしているかのような高い操作性・性能のGPUコンピューティング環境を、すぐに利用できます。

 当社が運営する石狩データセンターからサービスを提供するため、お客さまの施設内へのGPUサーバー導入時に課題となる電源・空調設備などの準備は不要です。さらに、当社技術スタッフによる24時間365日のオンサイト保守が提供されるため、機材メンテナンスの手間もかかりません。オンプレミス環境で用意するよりも、簡単に最新のGPUサーバーを使うことができます。

 さくらインターネットは「やりたいことをできるに変える」の理念のもと、今後も「高火力コンピューティング」の取り組みを通じてお客さまのイノベーションを支援してまいります。

「Tesla V100モデル」について

仕様詳細

料金(税抜)

・Tesla V100(32GB)モデル

・Tesla V100(16GB)モデル

※料金詳細は以下ウェブサイトをご覧ください。
https://www.sakura.ad.jp/koukaryoku/specification/

サービスサイト

https://www.sakura.ad.jp/koukaryoku/

ウェブからのお申し込み

https://secure.sakura.ad.jp/order/dedicated/

 

※1 テラフロップス(TFLOPS):コンピュータの処理能力の単位で、Tera Floating-point Operations Per Secondの略。Teraは1兆(10の12乗)であり、毎秒1兆回の浮動小数点演算ができることを表します。

※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

さくらインターネット株式会社について 

本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号 
設 立:1996年12月23日
従業員:436名
資本金:22億5,692万円 
売上高:170億3,337万円(平成30年3月期) 
URL  :https://www.sakura.ad.jp/   

この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先 

さくらインターネット株式会社 広報担当 
TEL:03-5332-7070 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp