• プレスリリース

世界から選抜した新興企業の成長を促進 「Startupbootcamp Scale Osaka」始動!
〜国際的なスタートアップ交流拠点としての大阪・関西の発展を目指して〜

2019年6月24日
  • Rainmaking Innovation Japan合同会社
  • さくらインターネット株式会社
  • 株式会社JR西日本イノベーションズ
  • 阪急電鉄株式会社(業務代行者:阪急阪神不動産株式会社)
  • 株式会社読売新聞大阪本社

 さくらインターネット株式会社、株式会社JR西日本イノベーションズ、阪急電鉄株式会社(業務代行者:阪急阪神不動産株式会社)、株式会社読売新聞大阪本社など7社は、世界的なベンチャー支援大手、Rainmaking(レインメイキング)グループとともに、世界の有望なスタートアップ※1を選抜し、日本市場等での成長を促進するプログラム「Startupbootcamp Scale Osaka」(スタートアップブートキャンプ・スケール・大阪、以下SBC大阪)を大阪・関西で開始します。

 「Startupbootcamp」は、英国に拠点を置くRainmaking Innovation LTDが運営する欧州最大級のプログラムで、これまで世界18都市で開催実績を有しており、日本では初めての開催となります。「Smart City & Living(次世代都市と未来の暮らし)」をテーマに、大阪・関西を拠点に3年間(1年間1サイクルとして計3回)にわたり開催します。

 初年度は「Mobility、Living、Health & Wellbeing、Tourism」をサブテーマとして、Rainmaking グループが世界的なネットワークを活用し、ミドルステージ※2以降のスタートアップを対象に300社以上の企業を募集します。その中から、パートナー企業とともに10社程度を選抜し、各社が持つ豊富なリソースを活かした育成の支援や実証実験、協業などを行い、成長を加速させることを支援します。

 本プログラムを契機として、海外の有望なスタートアップや世界中のスタートアップ・コミュニティとの結びつきが強まり、大阪・関西が国際的なスタートアップ・ハブへと成長する一助となることを願っています。

プログラムの事業スキーム

※1 スタートアップ:世界では一般的な新興企業の呼称。日本では「ベンチャー」と呼ばれることが多い。
※2 ミドルステージ:事業が軌道に乗りつつある新興企業の成長段階。これより前は「シードステージ」「アーリーステージ」などと呼ばれる。

プログラム概要

プログラム名 Startupbootcamp Scale Osaka
実施主体 Rainmaking Innovation Japan合同会社
パートナー企業

さくらインターネット株式会社
株式会社JR西日本イノベーションズ
株式会社電通
日本たばこ産業株式会社
阪急電鉄株式会社(業務代行者:阪急阪神不動産株式会社)
株式会社三井住友銀行
株式会社読売新聞大阪本社
(計7社)

テーマ Smart City & Living
初年度サブテーマ Mobility、Living、Health & Wellbeing、Tourism
初年度スケジュール 2019年6月~2020年5月(予定)
実施場所 GVH#5(阪急ファイブアネックスビル)他
参加スタートアップ募集ウェブサイト https://www.startupbootcamp.org/accelerator/scale-smart-city-living-osaka/
後援 一般社団法人関西経済同友会、公益社団法人関西経済連合会、日本貿易振興機構 大阪本部
協力 大阪府、大阪市、大阪商工会議所

Rainmaking Innovation Japan合同会社概要

所在地:大阪府大阪市北区角田町1番12号 阪急ファイブアネックスビル
設立日:2019年3月20日
代表者:アレックス・ファーセット
事業内容:新規事業及び事業開発に関するコンサルティング
     事業会社とスタートアップの協業支援
     スタートアップに対する投資及び経営指導
     海外スタートアップの国内進出支援

別添資料

・大阪府知事、大阪市長からのコメント
「Startupbootcamp」について

本リリースに関するお問い合わせ先 

阪急電鉄株式会社 広報部
TEL:06-6373-5092

さくらインターネット株式会社 広報担当 
TEL:03-5332-7070 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp 

タグ