さくらインターネット、プログラミングと機械学習の学習コンテンツを無償提供
〜コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を見据え「Tellus Trainer」および 「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」を再提供〜

2020年5月22日
  • さくらインターネット株式会社

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を見据え、プログラミングと機械学習の基礎が学習できるeラーニング講座を5月22日から無償提供します。

 当社は、経済産業省事業として衛星データをクラウド上で分析できる日本発の衛星データプラットフォーム「Tellus」を構築・運用しております。昨年度、Tellusをより多くの方にご活用いただけるよう「Tellus Trainer」「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」の2つのeラーニング講座を応募者への登録制で提供しました※1が、この度、在宅などでのオンライン学習のサポートを目的に、両講座の教材を下記のサイトにて公開することとしました。

 「Tellus Trainer」とは、AI開発・データサイエンティスト人材採用・育成サービスを提供する株式会社SIGNATEの協力のもと提供する、動画教材を通して衛星データやプログラミングの基礎知識、Tellusを使った衛星データの解析手順、分析実践などを学ぶことができるeラーニング講座です。Tellusの利用者となる人材創出を目的に、プログラミングスキルを有するIT技術者向けとして2019年11月に提供した際には、約1,200名の方に受講いただきました。

・「Tellus Trainer」イメージ

  「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」とは、オンラインプログラミングスクールを運営するキラメックス株式会社の協力のもと提供する、プログラミング言語「Python」を用いて、簡単な画像処理や衛星画像の加工、数値予測の方法などを学ぶことができるeラーニング講座です。より多くの方に衛星データに興味を持っていただくことを目的に、プログラミング初心者向けとして2019年12月と2020年3月に提供した際には、約9,400名の方にお申し込みいただきました。

・「Tellus×TechAcademy 向けTellus学習コース」イメージ

 今回の両講座は、会員登録が不要で、どなたでも受講することができますので、プログラミングや機械学習の基礎、衛星データの解析方法を学びたいと考えている方に最適です。この機会にぜひご活用ください。

 さくらインターネットは、このたびの「Tellus Trainer」および「Tellus ×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」の無償提供を通じて、オンライン学習をサポートします。

 各eラーニングは以下のURLより受講いただくことができます。ぜひこの機会にご利用ください。
 ※「Tellus Trainer」につきましては、前年度、SIGNATE社が運営する「SIGNATE Quest」で公開していたものも改めて公開となっておりますので、そちらからも受講いただくことが可能です。また、「初心者向けTellus学習コース」は、前年度行った「Tellus×TechAcademy」での再公開ではなく、Tellusでの公開のみとなっております。

「Tellus Trainer」について

 ・受講料
  無料

 ・提供期間
  2020年5月22日~2020年6月30日(予定)※状況によっては、延長する場合もございます。

 ・詳細
  URL:https://tellusxdp.github.io/tellus-trainer/index.html

「Tellus ×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」について

 ・受講料
  無料

 ・提供期間
  2020年5月22日~2020年6月30日(予定)※状況によっては、延長する場合もございます。

 ・詳細
  URL:https://tellusxdp.github.io/start-python-with-tellus/index.html

「SIGNATE Quest」での「Tellus Trainer」の受講ページ

 ・詳細
  URL: https://quest.signate.jp/gyms#tellus_trainer
       ※SIGANTE Questへのご登録が必要となります。

Tellusについて

Tellusは、さくらインターネットが経済産業省の「政府衛星データのオープンアンドフリー化・データ利活用促進事業」を受け、開発・運用に取り組んでいる衛星データプラットフォームです。衛星データや衛星データを扱うさまざまなツールの提供、アプリケーションなどの開発環境、衛星データ活用のためのトレーニングおよび衛星データコンテストなどの教育コンテンツ、そして衛星データを活用するためのさまざまなドキメントを提供するオウンドメディアといった機能を有します。また、Tellusには衛星データに加え、気象、人流などの地上データを順次搭載しています。本プラットフォームの名称は、宇宙から得られる地上のデータにより豊かな未来を作り出したいという意を込め、大地の女神「Tellus(テルース)」から取っています。

Tellus ウェブサイト

https://www.tellusxdp.com

 

参考情報

・さくらインターネット、クラウド上で衛星データの分析ができる日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」を運用開始 〜衛星と地上データによる新たなビジネス創出に寄与し、日本の経済力強化へ〜(プレスリリース)
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/02/21/1968199564/
・自宅で衛星データ解析が学べる! e-Learning「Tellus Trainer」とは(宙畑-sorabatake-)
https://sorabatake.jp/8161/
・【100名限定】無料で学べるPythonと機械学習 by Tellus×TechAcademy(宙畑-sorabatake-)
https://sorabatake.jp/11154/

 

※1 これまでに、Tellusにて提供した学習コンテンツに関するプレスリリースおよびさくらニュース。
・プレスリリース「さくらインターネット、SIGNATEとリモート・センシング技術センターの協力のもと、衛星データ活用技術者養成講座とeラーニングを提供開始〜衛星データの解析者を育成し、衛星データプラットフォーム『Tellus」の利用者創出へ〜」
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/09/30/1968201316/
・さくらニュース「プログラミング初心者向けeラーニング『Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース』を2019年12月19日より提供開始」
https://www.sakura.ad.jp/information/news/2019/12/11/1968202232/
・プレスリリース「さくらインターネット、プログラミングの基礎が学べるオンライン講座を無料提供〜プログラミング言語『Python』で衛星データプラットフォーム『Tellus』の 画像処理などが学習可能〜」
https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2020/03/10/1968203027/

※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

さくらインターネット株式会社について

 本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号
 設 立:1996年12月23日
 従業員:539名
 資本金:22億5,692万円
 売上高:219億8百万円(2020年3月期)
 URL :https://www.sakura.ad.jp/corporate/
 

この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

 さくらインターネット株式会社 広報担当
 TEL:03-5332-7070 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp

タグ