さくらインターネット、さくらのレンタルサーバの新サービスロゴを決定
~15周年記念ロゴデザインコンテストにて、公募1,398点の中から人気投票により選出~

2020年5月25日
  • さくらインターネット株式会社

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、昨年発表した「さくらのレンタルサーバロゴデザインコンテスト」にて、さくらのレンタルサーバの新たなサービスロゴを決定しました。

 「さくらのレンタルサーバ」は、昨年サービス開始から15周年を迎え、契約件数が45万件※1を突破したことを記念し、新たなサービスロゴを公募する「さくらのレンタルサーバロゴデザインコンテスト」を実施いたしました。

 コンテストでは、公募により1,398点の作品の応募をいただきました。当社の担当者にて、3つの最終選考エントリー作品を選出し、「ロゴを決めるのはあなたの1票!!Twitter投票キャンペーン」にて、Twitterによる一般の方の人気投票を行いました。そして、全5,023投票中2,418票を獲得し、最優秀賞を受賞した小宮大輝さんがデザインしたロゴに決定しました。

「さくらのレンタルサーバ」の新しいロゴ

 小宮大輝さんには最優秀賞として賞金50万円を授与いたします。また、最終選考に残った2つの作品をデザインした小澤誠さん(グラフレンジ株式会社)と美濃響さんには最終選考賞として賞金5万円を授与いたします。

 さくらのレンタルサーバは、今後もよりよいサービスの提供を目指し、専門的な知識がなくても簡単に利用できる手軽さの追求と、さまざまな機能拡充に努めてまいります。

新しいロゴのコンセプト

 人とサービスの輪、安定して稼働し続けるサーバー、誰にでも優しいサービスをイメージして、途切れることのないループを描きました。

 技術革新の激しいIT業界においても、古来より文化として万人に親しまれている「桜」のようのあり続けたい願いを込め、さらにサーバーやハートにも見える多様性も表しています。右上にあるドットは24時間休むことなく点滅するサーバーの動作LEDのドットを昇華させ、輪の中から生まれる新しい価値の卵を表現しました。

 お客さまがさくらのレンタルサーバから生み出すコンテンツも表現し、共に成長することをイメージしています。

「さくらのレンタルサーバロゴデザインコンテスト」の詳細

・コンテスト特設サイト

最優秀賞に選ばれた小宮大輝さんからのコメントなどを掲載しております。
https://www.sakura.ne.jp/lp/logo/

・コンテスト開催告知プレスリリース

https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2019/10/10/1968201575/

「さくらのレンタルサーバ」について

さくらのレンタルサーバは、コストパフォーマンスの高い共用ホスティングサービスとして、個人からSOHO、中小企業はもちろん、学術系や官公庁など幅広いお客さまに利用されております。2019年7月にサービス提供開始から15年を迎え、契約件数が45万件※1を突破しました。
https://www.sakura.ne.jp/

※1 累計ではなく、2019年6月時点でサービスの解約を除いた利用中のサービスの契約件数です。


※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

さくらインターネット株式会社について

本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号
設 立:1996年12月23日
従業員:539名
資本金:22億5,692万円
売上高:219億8百万円(2020年3月期)
URL  :https://www.sakura.ad.jp/corporate/

この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

さくらインターネット株式会社 広報担当
TEL:03-5332-7070 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp