押印プロセスをオンラインで完結する「電子契約プラットフォームβ」提供開始
〜いつでもどこでも利用可能なクラウドサービスで、リモートワークの課題を解決〜

2020年6月24日
  • さくらインターネット株式会社

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、2020年6月24日より、インターネット環境から電子サインをおこない、契約プロセスを電子化できる「電子契約プラットフォームβ」をLab(ラボ)プロダクト※1として提供開始いたします。

「電子契約プラットフォームβ」で実現する押印プロセス

 「電子契約プラットフォームβ」は、ウェブブラウザから簡単に利用可能な電子契約のプラットフォームです。従来契約時に用いられてきた紙媒体への押印・発送、法令上必要な収入印紙の貼付などの業務は不要となります。PDFファイルをクラウド上に保存・管理するため、自宅や外出先など、場所を選ばずに利用することが可能です。またPDFファイルの電子署名技術により、詐称・改ざんを防止するため、安心してご利用いただくことができます。

 日本商習慣に浸透する紙媒体と印鑑を用いる契約業務は、企業が推進するリモートワーク導入の大きなボトルネックでした。「電子契約プラットフォームβ」の導入によりセキュアな状態で場所を問わず電子契約を行うことが可能となり、リモートワークにおける課題を解決します。

 さくらインターネットは「『やりたいこと』を『できる』に変える」の理念のもと、より便利なサービスの拡充に努め、今後もお客さまのビジネスの発展に貢献できる提供を目指してまいります。

※1 Labプロダクトについて
「Labプロダクト」は、新機能の動作検証およびフィードバック収集を目的として、開発中サービスを実験的に提供するものです。正式サービスとして提供するまでの間、限定的なサービスレベルでご利用いただけます。

「電子契約プラットフォームβ」について

以下機能の提供を開始いたします。

電子サイン

電子サインを付与したPDFファイルの作成機能をご利用いただくことが可能です。

文書管理

PDFファイルをクラウド上に保管し、いつでもアップロード・ダウンロードすることができます。

AATL(Adobe Approved Trust List プログラム)証明書を採用

Adobe Acrobat Reader の利用により、誰でも文書の完全性を検証できます。
※AATLに準拠した電子サインにつきPDFファイルを作成

※AATLの詳細についてはアドビ社のウェブサイトをご確認ください。
https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/approved-trust-list2.html

料金

β版提供期間中は無料でご利用いただけます。

β版提供開始日

2020年6月24日(水)

「電子契約プラットフォームβ」ウェブサイト

https://www.sakura.ad.jp/e-contract-platform/

 

※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。

さくらインターネット株式会社について

本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号
設 立:1996年12月23日
資本金:22億5,692万円
売上高:219億8百万円(2020年3月期)
URL  :https://www.sakura.ad.jp/corporate/

この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

さくらインターネット株式会社 広報担当
E-mail:press-ml@sakura.ad.jp

タグ