ライブ配信エンジン ImageFlux Live Streaming「APIオプション」提供開始のお知らせ

2021年11月30日

お客さま各位

平素よりさくらインターネットに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

ライブ配信エンジンImageFlux Live Streamingにおいて、アプリケーション開発用API「APIオプション」の提供を開始いたします。

ImageFlux Live Streamingは、「高品質なライブ配信環境を手軽に構築する」をコンセプトに、当社とピクシブ株式会社が共同開発した、ライブ配信を行うためのインフラおよびSora SFU※1互換APIを提供するマネージドサービスです。
従来、ライブ配信システムを構築する際には、ユーザーインターフェイスなどのフロントエンド開発に加え、バックエンド開発も必要でした。このたび提供する「APIオプション」は、バックエンド開発の手間を軽減します。

詳細は下記をご参照ください。

さくらインターネットでは、よりよいサービスの提供が行えますよう、精一杯努めてまいります。引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

※1  Sora SFUとは、株式会社時雨堂の提供するWebRTC SFU 「Sora」を指します。詳細は、時雨堂社のウェブサイトをご参照ください。https://sora-doc.shiguredo.jp/

ImageFlux Live Streaming「APIオプション」について

これまで開発が必要だった、ログイン認証・配信スケジュール管理・ユーザー管理・チャット等の、ライブ配信サービスで使われる機能のAPIを利用できるオプションサービスです。

ライブ配信システム開発にノウハウのある、当社グループ企業のビットスター株式会社との協業により開発されました。

「APIオプション」により、ライブ配信サービスを実現するうえで必要な機能のAPIを利用し、従来よりシステム開発を素早くかつ手軽に実装することが可能となります。
利用できるすべてのAPIについての詳細は、下記「ご利用方法について」に記載するドキュメントでご確認いただくことができます。また、実装サンプルもご用意しております。

APIで利用できる機能例
(ユーザーインターフェイスなどのフロントエンド開発は別途実装が必要です)

ImageFlux Live Streamingについて

「高品質なライブ配信環境を手軽に構築する」をコンセプトに、当社とピクシブ株式会社が共同開発した、ライブ配信を行うためのインフラおよびSora SFU互換APIを提供するマネージドサービスです。

サーバーの保守運用が不要で、WebRTC SFUを使ったライブ配信プラットフォームを構築できます。配信サーバーの構築や保守にかかる人的コストを大幅に低減できるサービスとして、ライブ配信アプリケーションの商用サービスを低価格からスモールスタートしたいといったお客さまから特にご好評をいただいております。

高品質なライブ配信環境を手軽に構築する「ImageFlux Live Streaming」
https://www.sakura.ad.jp/services/imageflux/livestreaming/

トライアル利用について

ImageFluxでは全ての機能をお試しいただけるトライアルも受付中です。トライアルをお申し込みいただくと、「APIオプション」についてもお試しいただけます。

この機会にぜひご利用ください。

提供開始日

2021年11月30日(火)

ご利用方法

ご利用方法についての詳細は、下記ドキュメントをご参照ください。

https://opt.imageflux.jp/documents

本件に関するお問合せ

メールアドレス:support@sakura.ad.jp

タグ