第2回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を開催!

2019年1月18日

 さくらインターネット株式会社とAI開発・データサイエンティスト人材採用・育成サービスを提供する株式会社SIGNATEは、さくらインターネットが受託した経済産業省の「平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業」(以下、「本事業」)の一環として、第2回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を2019年1月18日より開催いたします。

 Tellus Satellite Challengeは、本事業でさくらインターネットが構築する衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の利活用促進のため、衛星データの利活用事例の可視化、優秀な分析人材の発掘、衛星データの種類の周知・啓蒙などを目的としています。

 2回目のコンテストは、広域を観測可能な衛星データの特性を生かして海洋状況把握の効率化を促進する観点から、「高分解能光学衛星データを用いた水域における船舶検出」がテーマです。具体的には、衛星画像データから船舶が静止しているかどうかの動きの判定や艀(本船と波止場の間を行き来して貨物等を運ぶ船舶)の識別を行っていただきます。優れた検出精度を備えたアルゴリズムについては、開発者の方を表彰するとともに、Tellusにて利用できる形で公開いたします。

 皆さまからのご応募をお待ちしております!

開催概要

  • テーマ:高分解能光学衛星データを用いた水域における船舶検出
  • 使用するデータ:「ASNARO-1画像」 地上分解能:0.5m以下
    ※ASNARO1は、経済産業省の委託を受けて日本電気株式会社(NEC)が開発した0.5m以下の地上分解能を持つ高解像度光学センサを搭載した人工衛星。
  • 対象地域:お台場、川崎、横須賀、大阪、福岡
  • 参加費:無料
  • 実施期間:2019年1月18日(金)~2月14日(木)
  • 懸賞
     1位:賞金100万円
     2位:賞金60万円
     3位:賞金40万円
  • 審査結果発表:2019年2月下旬頃発表予定
  • 実施団体
     主催:経済産業省
     協賛:さくらインターネット株式会社
     運営:株式会社SIGNATE
  • 応募方法・評価方法
    本コンテストの詳細およびお申し込み方法は、以下SIGNATEのウェブサイトをご覧ください。なお、お申し込みにはSIGNATEの会員登録が必要です。
    https://signate.jp/competitions/153

参考情報

・「Tellus(テルース)」について
 https://www.tellusxdp.com
・さくらインターネット、「平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業」の委託契約を締結(プレスリリース) 
 https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2018/05/22/90218/
・さくらインターネットはSIGNATEと協力の下、衛星データプラットフォームの利用促進の一環として、第一回衛星データ分析コンテスト「Tellus Satellite Challenge」を開催    〜衛星画像データから土砂崩れ領域をより高い精度で自動検出するアルゴリズムを開発〜(プレスリリース)
 https://www.sakura.ad.jp/information/pressreleases/2018/10/16/1968198307/

タグ