「さくらインターネット 2020年度内定式」を開催

2019年10月25日

2019年10月1日()、東京支社にて、さくらインターネットの「2020年度内定式」を開催し、2020年度の内定者全6名が参加しました。 

まず弊社代表取締役社長 田中 邦裕より、開会の挨拶を行いました 

さくらインターネットのコーポレートスローガンやりたいことをできるに変えるいうものがあります。お客さまのやりたいことはもちろん、自分がやりたいことをできるに変えていくこと重要です。やりたいこと、集中してやることができますし成果が出やすいだけでなく、満足感得られます情報の発信源が限られていて皆が同じような価値観で動いていた時代から、インターネットが登場してから情報が多様化し価値観が人それぞれ異なる時代になりました以前は画一的な価値が重視され全員が平均的に能力の向上を目指すことが求められてましたが現在は個々の長所を伸ばし、互いに補完関係となるチームで動くことが求められるようになっています私も社長ですが得意不得意があり、不得意な部分は他の役員に補完してもらっています。ぜひ内定者の皆さには自分の強みを見つけてもら、お互いの得意なことをかせるチームを組んでほしい灯台は自分のこと照らすことはできませんが、相手のことを照らすことはできます。相手と話すことで自分の強みをつけてくださいまた、自分のやりたいことや強みを伝えことで、お互いのやりたいことを実現できるチームをっていきましょうと語り、きちんと話し合い、を伝えことの重要性を説きました。 

最後に内定式に参加するまでの道中で消火器がどこにあったかましたか」と会場に問いかけやりたいことを見つけられない場合にはどうしたらと聞かれることがあります。どこにでもあるのに普段消火器にかないように、見つけようとしないと見えないものです。認知しようと意識をして過ごすと見えてくるものがあります。皆さも、ぜひやりたいことを見つけて悔いのない人生を送ってほしいと思います」と内定者にエールを送りました。 

続いて、内定者1人5分ずつで自己紹介を行いました。それぞれ自分らしいプレゼンテーションを披露し、参加した弊社役員から質問を受けるなど和気あいあいとしたムードとなりました。 

そして役員紹介の弊社の理解を深めてもらうために内定者はデータセンター見学へと移動。見学後は、お互いの強み共有チームワーク向上のためのワークショップを実施し、「2020年度内定式」は幕を閉じました。 

さくらインターネット社員一同、内定者の皆さまと働ける日を心待ちにしております! 

編集:さくらインターネット 広報担当 

※ 掲載されている内容は2019年10月1日時点の情報です。 

参考情報

・新卒採用特設サイト(さくらインターネット) 
 https://www.sakura.ad.jp/recruit/graduates/ 

タグ