日本企業のホワイト化を促進する「ホワイト企業認定」を取得!

2019年11月1日

 さくらインターネットは、一般財団法人日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)が運営する「ホワイト企業認定」を取得しました。

 「ホワイト企業認定」とは、59項目※1の取り組み実施有無の設問を、6つの指標(ビジネスモデル/生産性、ダイバーシティー&インクルージョン、ワーク・ライフバランス/健康経営、柔軟な働き方、人材育成/働きがい、法令遵守)に分けて、総合的に判断、評価する認定制度です。現在、76の企業※2が本認定を取得しています。

 さくらインターネットは今後も働き方改革への取り組みなどを通じて、さらなる創造性と生産性の向上を目指します。

人事部(一部)のメンバー

※1「ホワイト企業認定」審査に必要な59の設問内容 https://jws-japan.or.jp/web_shinsa/
※2「ホワイト企業認定企業」一覧 https://jws-japan.or.jp/cert_company/

参考情報

・さくらインターネットの働き方制度「さぶりこ」
 「さぶりこ」(SaBuLiCo)とはSakura Business and Life Co-Creationの頭文字に由来します。イノベーションは知識と知識の掛け合わせによって生まれるという考え方のもと、会社に縛られず広いキャリアを形成(Business)しながら、プライベートも充実させ(Life)、その両方で得た知識や経験をもって共創(Co-Creation)へつなげることを目指し、命名しました。このような概念に基づき、社員に対して自己管理を促すとともに、会社からは、より働きやすい環境を提供する制度を「さぶりこパッケージ」と称し、さまざまな制度の導入を進めています。
 https://www.sakura.ad.jp/corporate/corp/sabulico/

・日本次世代企業普及機構のプレスリリース
 https://jws-japan.or.jp/news/2019y10m11mnintei/