リアルタイム動画変換機能「ImageFlux Live Streaming」の提供を開始
〜高品質なライブ配信を手軽に実現〜

2019年2月13日
  • さくらインターネット株式会社
  • ピクシブ株式会社

 さくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、ピクシブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國枝 信吾)と共同開発した「ImageFlux」の新機能として、ライブ配信機能「ImageFlux Live Streaming」を、2019年2月20日(水)より提供します。 「ImageFlux」は、さくらインターネットとピクシブが共同開発し、2016年12月に画像変換サービスとしてリリースしました。ピクシブがシステムの開発を行い、さくらインターネットが配信システムを含めたインフラの提供および運用、サポートを行っています。

 これまで、本サービスは静止画のみを対象としていましたが、昨今のライブ配信への需要の高まりを受け、リアルタイム動画変換機能「ImageFlux Live Streaming」を追加いたします。

 本機能により、ライブコマースやSNSに代表されるあらゆる配信アプリケーションに向けて最適なライブストリームを自動的に生成し、手軽に大規模なライブ配信を行うことが可能となります。WebブラウザやネイティブアプリからWebRTC※1で配信されるライブ映像を、スマートフォンやパソコンなどのあらゆる配信先に適したサイズやビットレート※2へ自動変換し、HLS形式※3による低遅延での配信を実現します。

「ImageFlux Live Streaming」利用イメージ

 

 さくらインターネットとピクシブは、両社が持つ技術を掛け合わせることで、より高品質で革新的なライブ配信技術を今後も提供できるよう、協業してまいります。

サービスサイト

https://www.sakura.ad.jp/services/imageflux/livestreaming/

ImageFluxに関するお問い合わせ先

https://www.sakura.ad.jp/request_form/service/imageflux_inquiry/

※1 WebRTCとは、Web Real-Time Communicationsの略で、プラグイン無しでウェブブラウザ間のリアルタイムコミュニケーションを可能にするAPI。

※2 ビットレートとは、1秒間に転送または処理されるデータ容量。

※3 HLSとは、HTTP Live Streamingの略で、動画をストリーミング配信するためのプロトコルで、アダプティブストリームを可能とする。

※プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

さくらインターネット株式会社について

本 社:大阪府大阪市北区大深町4番 20 号
設 立:1996年12月23日
従業員:468名
資本金:22億5,692万円
売上高:170億3,337万円(平成30年3月期)
URL:https://www.sakura.ad.jp/corporate/

ピクシブ株式会社について

所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F
設 立:2005年7月25日
代表取締役:國枝 信吾
URL:https://www.pixiv.co.jp

この件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

さくらインターネット株式会社 広報担当
TEL:03-5332-7070 E-mail:press-ml@sakura.ad.jp